彼女はなぜ、OLを辞めてポールダンサーになったのか?

    彼女になにがあったのか?

    彼女は、OLを辞めてポールダンサーになった。

    Takumi Harimaya / BuzzFeed

    彼女の名前は、まなつさん(@dokodeneru)。会社を辞めてポールダンサーになるまでを綴ったブログが話題になった。

    BuzzFeed Newsはインタビューを申し込み、指定の新宿・ゴールデン街のラウンジバーに向かった。

    同僚のブログに「おっぱいちゃん」

    まなつさんは、もともと渋谷の某IT企業に勤めていた。業務内容は、WEBマガジンの企画、編集やSNSのアカウント運用など。

    文章を書くことが好きだった彼女にとっては、“好き”を仕事にできる環境だった。しかし、彼女は半年で会社を辞めた。

    きっかけは3.11にさかのぼる。

    あの日をきっかけに、会社で「緊急時にも連絡が取れるように」と社員同士がTwitterをフォローし合おうことになった。

    まなつさんが同僚の女性社員をフォローすると、その同僚がブログをやっていることに気がついた。

    「物静かな子だったので、ちょっと意外でした。すると、ブログで私のことを『おっぱいちゃん』と呼んでいることを知ったんです。『今日は同期のおっぱいちゃんと取材。楽しかったぴょん』とかそんな感じで」

    「ショックでした。『女の人からもおっぱい見られてるんだ』『あだ名にするほどおっぱいが特徴なんだ』って」

    「しかも、それを全世界から見られるネット上に書いているなんて。IT会社なのに、ネットリテラシーが低すぎるだろって思いました」

    その同僚とはランチに行ったり、仕事の愚痴を言い合えたりする関係ではあった。

    「悪意はないと思うけれど、なんでそこなの? 私ってほかにないの?って。それをオープンな場で言われているのが嫌でした」

    またブログでは明かしていないが、「社内に不倫カップルが多いところも嫌だった」と話す。

    まなつさんはこの後、会社を辞める。しかし、理由はそれだけではない。

    「人って死ぬんだなって」

    Takumi Harimaya / BuzzFeed

    話は3.11に戻る。

    あの日、まなつさんはまだ渋谷のIT企業に勤めていた。友人の家に避難し、中継で押し寄せる津波をみていた。そこでこう思ったそう。

    「人って死ぬんだな。だったら私も死ぬじゃん」

    未曾有の大災害を見て、当然のことにあらためて気がついた。

    その前年に、まなつさんの友人が亡くなっていた。『死』がまなつさんの“身近”にあった。

    「単純かもしれませんが、やりたいことをやらないとダメだと思ったんです。極論かもしれないけど、実際にそうですし」

    「とにかく、やりたいことをやらずに死にたくはないって。それなのに、同僚からは『おっぱいちゃん』扱い」

    未曾有の災害。親しい人の死。同僚のブログ。3つが重なり、彼女は会社を辞めた。

    ポールダンスとの出会い。そして

    Kasjato / Getty Images

    ▲イメージ画像


    まなつさんは、20歳のころからポールダンスを始めた。

    出会いは、新宿二丁目で開かれたイベント。初めて見るポールダンサーに目を奪われた。

    「二丁目の存在を知って、興味があって行ってみたんです。そしたら、ポールダンサーさんが登場して踊り始めたんです」

    「『かっこいい』って思いました。その場で声をかけて、どこで習えるのか、どうやったらステージに立てるのかを聞いて。それでレッスンに通い始めました」

    ポールダンスの魅力は「自由なところ」とまなつさん。決められた振り付けがなく、艶やかに踊ろうと、激しく踊ろうとダンサーの自由。その人の魅力が純粋に出ると話す。

    死を意識して生きるまなつさん。最後にこんな質問をしてみた。

    ー明日死んでも後悔しないですか?

    「しないですね。全力でやりたいことに向かっていたので。しょうがないかって思います」

    彼女は、今夜もどこかのステージで踊っている。

    Takumi Harimaya / BuzzFeed