明和電機の「魚コード」パクリ問題 土佐社長が「回収が始まった」と報告

    これまでは「調査中」の回答だった。

    世界30カ国に展開する雑貨店「フライングタイガー」と、日本のアートユニット「明和電機」の間で起こっていたデザインの盗用疑いを巡る問題。

    問題となっていたのは、明和電機の看板商品のひとつ「魚(な)コード」。

    魚の骨格をモチーフにした充電器だが、それに酷似した商品がフライングタイガーの店頭で見つかり、問題になっていた

    白が明和電機のもので、赤がフライングタイガーのもの。

    @MaywaDenki / Via Twitter: @MaywaDenki

    同社の土佐社長は発見されたその日に、該当商品の買い占めをしたり、フライングタイガー本社に報告書を提出したりなど手を打ってきた。

    フライングタイガー側は3月31日、国内の商品を回収。コピー商品かどうかについては「現在、調査中」の回答だった。

    しかし、4月27日、明和電機が「フライングタイガーで販売していた商品が明和電機のNACORDに似ていることを認め、店舗からの回収を始めた」とツイートした。

    この点について、BuzzFeed Newsはフライングタイガーの商品を日本で取り扱う代理店のZebra Japan株式会社に問い合わせたが、「現在、担当者が席を外している」として、回答は得られていない。

    おお!デンマークのフライングタイガー本社から、「販売していた商品が明和電機のNACORDに似ていることを認め、店舗からの回収を始めた」「明和電機がデンマークでライブや展覧会を行う可能性について知りたい」との連絡が!!ナコードが仲人… https://t.co/zWxcfPWtlu

    土佐社長によれば、報告書を送った際に、「今回の件はポジティブに考えています。明和電機がデンマークでプロモーションさせてもらえれば、お互いにとってウィンウィンでいい機会になると思います」と持ちかけた。

    「明和電機がデンマークでライブや展覧会を行う可能性について知りたく、その件についての情報を受けとることを楽しみにしています」と好意的な姿勢を伝えたという。

    どのような経緯で似た商品が生まれたのか。Zebra Japanから回答があり次第、追記する。


    Contact Takumi Harimaya at takumi.harimaya@buzzfeed.com.

    Got a confidential tip? Submit it here