back to top

「帰ってテスト勉強です」 ド派手成人式 “地味グループ”の主張

絡まれたら太刀打ちできない。

1月9日は成人の日。BuzzFeed Newsは、川崎市の成人式会場に向かった。

最近の成人式の報道といえば、「荒れる成人」「ド派手衣装」など派手な成人に注目が行きがちだ。

その一方で“地味派”の成人はどう思っているのか? BuzzFeed Newsは、式終了後、会場から少し離れたところにいた2人組の男性に話を聞いた。

カッチリとしたスーツにコート姿。自らも「まぁ地味ですよね」と話す。

2人は現在、大学2年生。小学校の同級生だ。年に1、2回会う仲だという。

派手な成人に注目が行きがちなことについて、どう思っているのか。

「んー。正直、なんとも思っていないというのが本音ですね。こっちはこっちで楽しんでいますし、あっちはあっちで楽しんでくれればと思っています」

「ただ“絡まれたら”すごく困ります。絶対に太刀打ちできないので……。会場ですれ違うときも、ちょっと怖いです。まぁ、あっちも僕らに興味はないでしょうね」

式典自体は、特に問題なく進行したそう。ただ、ゲストライブを披露する予定だった人気バンド「Aqua Timez」のボーカルが来れなくなったとのこと。

「ボーカル以外の人たちで歌っていました。ちょっと楽しみにしていたので残念です」とBさん。

Aさんは、工学部で土木を専攻。Bさんは文学部で史学を学んでいる。将来のことについても聞いてみた。

Aさんは「まだ具体的な目標はないんですよね。ただ、モノ作りに興味があるので人の役に立てるモノを造りたいとは思っています」と話す。

Bさんは「僕もまだしっかりとは……。史学は就職が難しいと言われているので。研究職なのか民間企業なのか。じっくり考えて選んでいきます」とのこと。

式が終われば、それぞれの同窓会に向かう成人が多い。2人のこのあとの予定は?

「居酒屋で同窓会があるので今から向かいます」とAさん。

しかし、Bさんは「高校の同窓会があったのですが、会費が高くて…。あと来週からテスト期間なので帰って勉強します」と苦笑い。

取材後、2人は会場を去った。

2年前だが、プロインタビュアーの吉田豪さんが「成人式を楽しめる側か、楽しめない側かが、その後の人生を決定付ける気がします」と持論を述べていた

私は成人式に出席しなかった。すでに内定先で勤務していたこともあったが、地元に友人が少ないことが一番の理由である。上司から「絶対行った方がいいよ。休み取っていいから」と言われたが断った。

ド派手でも、地味でも、成人式に出席している人たちの姿が、羨ましくも思えた。後悔しているかと聞かれれば、そうでもないが、参加していれば、何か発見があったかもしれない。

この記事を読む人の中にも、成人式に参加せず、各地の成人式のニュースを複雑な思いで見ている人がいるはずだ。

私は成人式を楽しめなかったが、いま、不幸だとも思わない。ド派手な人も、地味な人も、参加しなかった人も。みんなの成人をお祝いしたい。

Takumi Harimayaに連絡する メールアドレス:Takumi.Harimaya@buzzfeed.com.

Got a confidential tip? Submit it here.