go to content

【コメント全文】いきものがかり、活動休止を発表 「またみなさん笑顔で、会いましょう!」

紅白ではデビュー曲を披露していた。

人気バンド「いきものがかり」が1月5日、公式サイトで「いきものがかり放牧宣言」を掲載。活動休止を発表した。

公式サイトに掲載されたコメント全文は以下。

【いきものがかり放牧宣言】

10年間、3人で一生懸命に頑張ってきたので、ここらで一度、メンバーそれぞれ、自由になってみようと思います。

好きなことをやってみたり、新しいことをはじめてみたり、ぼーとゆっくりしてみたり、行ってみたかったところに旅に出てみたり。

それぞれの未来を、もっと広げるために。

3人の物語を、もっと長く、もっと楽しく、続けるために。

いきものがかり放牧宣言。

ここでひとまず「今まで、ありがとう。」

そして「これからも、よろしく。」

いきものがかりは3人が帰って来る場所です。

またみなさん笑顔で、会いましょう!

それでは行ってきます。

放牧!

いきものがかり・水野良樹、吉岡聖恵、山下穂尊

いきものがかりは1999年2月1日に、小・中・高と同じ学校に通っていた水野良樹と山下穂尊が結成。ユニット名は2人の共通点が小学校1年生のときに「生き物係」をしていたことに由来する。

99年11月3日に同級生の妹だった吉岡聖恵が2人の路上ライブに飛び入り参加。その後、加入し3人体制となる。

地元を中心にライブハウスなどで精力的に活動し、2006年3月15日「SAKURA」でメジャーデビュー。以後「ありがとう」「YELL」「風が吹いている」などヒット曲を発表。

2008年、大晦日にはNHK紅白歌合戦に初出場した。以後、2016年まで9年連続で出場し、2012年には紅組のトリを務めた。

活動休止発表直前となる2016年の紅白で披露したのは、デビュー曲の「SAKURA」。

記者会見では山下さんは「いつもは水野がエレキなんですけど、今回は2人共アコースティックギターで、路上時代のように原点回帰と言えるかもしれません」とコメントしていた。


Takumi Harimayaに連絡する メールアドレス:Takumi.Harimaya@buzzfeed.com.

Got a confidential tip? Submit it here.