back to top

We’ve updated our privacy notice and cookie policy. Learn more about cookies, including how to disable them, and find out how we collect your personal data and what we use it for.

昔のツイートを発掘する謎のアカウント。“中の人”に話を聞いた

その目的と、気づいたこととは。

現在、Twitter上で密かに人気を集めているアカウントがある。

同アカウントは、一般ユーザーの過去のツイートを掘り返し、その頃の気持ちを思い出せるというもの。例えばこのように引用ツイートで思い返さす。

10年前のツイート どう進化しただろうか? https://t.co/K8trw25VOS

このツイートから5年経ったけど、 5年前のこと思い出してみてどう思う? 「あの頃は飽きるほど遊んだなぁ」なのか、「なんであの時もっと遊んでなかったんや…」なのか https://t.co/0MWrg1PSYC

広告

いったい誰がなにを目的に運営しているのか。また、発掘していて気づいたこととは。BuzzFeed Newsは運営する“中の人”に話を聞いた。

「目的は特にないです」

運営者はシステムエンジニアをしている20代の男性。始めたきっかけをこう話す。

「ツイート発掘を始めたのは今年の6月22日からです。目的があって始めたわけじゃなく、なにかTwitterを使ってユニークなことをしたいな、と思って始めました」

スタートから約1カ月でフォロワーは6千人を超えている。

発掘するツイートはランダムだが、そのほとんどは「5年後」や「10年後」などのワードを含むツイートを対象にしている。

「例えば『5年後に今のことを思い出すかな?』というツイートを5年後に掘り起こせば、掘り起こされた人はなにかしら思うことがあるはずです。安易に心を動かすことができるワードなんです」

あとはその日の気分のよって「死にたい」「Twitterやめる」などのキーワードでも発掘をしている。

試しに「私(記者)のツイートを発掘してみてください」とリクエストしてみた。

▲発掘された記者のツイート

7年前にやりあった先輩は今どうしてる? 今振り返っても、やっぱり当時と同じ気持ち? https://t.co/FBsufLu8VT

▲このように引用ツイートされる

7年前のツイートが発掘された。自分でもこのようなことをツイートしていたのかと忘れていた。あとすごい恥ずかしい。ちなみにこれは新卒で入社した会社での出来事である。若かった。

ほかにも…

広告

世界最古のツイートを発掘したり、

世界最古のツイートはこれか https://t.co/8ik3urQvBX

日本最初の「Twitterやめる宣言」を発掘したり、

これは日本で最初に行われたTwitterやめる宣言である 宣言から10年が経過しているが、この人物は今もTwitterを利用している 禁煙宣言とどちらが信用できないのか、学者の間でも意見が別れている https://t.co/VgkrULVUu1

今ではよく見かけるネットスラング「FF外から失礼するぞ」の最古のツイートを見つけたり、

リクエストがあったので発掘してみたけど、 現存する最古の「FF外から失礼するゾ」はこれだな 例のコピペとどっちが先かはわからない https://t.co/gLdgsZtsbk

東日本大震災における最初の地震報告ツイートを発掘したりしている。

東日本大震災における最初の地震報告ツイート 発信者は存命 https://t.co/yaKVABT9Du

このように単にユーザーの昔のツイートを掘り起こすだけでなく、Twitterという巨大SNSのアーカイブもしているのだ。

発掘作業をしていて気づいたことはあるのだろうか。

「まず、アニメアイコンの多さですね。どんなワードで検索かけても多いです。あとは、2011年3月11日以前と以降で世界が変わったなと思いました」

「地震に対する感度がまったく変わったように感じます。これまではただの揺れだったものが、3月11日を連想させるものとして認識されるようになりました。放射線に対する関心もそうです。健康被害を懸念する人、批判する人、その両方が増えていました」

例えば「5年後」という言葉で検索をかけても「地震」や「放射能」というワードもあがってくる。3.11以降、Twitterでも将来を懸念するツイートが増えたそうだ。

「死ね」とワードの増加。

ほかにも「死ね」という言葉が急激に増えたことも気づいたという。それは「おはよう」「ありがとう」などを遥かに超えているそう。

「Twitterだけでなく、2ちゃんなるや掲示板なども対象にしました。しっかりと集計したわけではないので、実際はどうなのかは分からないですけれど。現実世界とインターネットで、流通量に差がある言葉は『死ね』ではないでしょうか」

これについて「裏サイトや深層webなんかよりよほど恐ろしい」と述べる。

また、母数が違うのでなんとも言えないが、初期のTwitterは「死ね」という言葉は少ないようにみえるとも分析する。

今後のついて。

“中の人”は「今後も発掘作業は続けていく」と話す。

しかし、「そのうち飽きるかもしれませんので、当協会は発掘作業員を募集しております。複数人でやった方が飽きづらいですし、飽きても跡継ぎがいるなら辞めやすいですし」とも。

興味がある人は“中の人”に連絡をしてみてはどうだろうか。

Twitterを通じて見える日本のSNS社会。気づくことは多いかもしれない。


Takumi Harimayaに連絡する メールアドレス:takumi.harimaya@buzzfeed.com.

Got a confidential tip? Submit it here.