go to content

広島カープの優勝を祈った元ホームレスの老人。その願いが届く

救ってくれたのは、カープだった。

ついに、その瞬間が訪れた。広島東洋カープ、25年ぶりのリーグ優勝。

広島市中区の居酒屋には、多くのファンが集まり、テレビ観戦をしていた。

そのなかで、静かにラジオ中継を聴き、杖をつきながら、優勝を祈る老人の姿があった。

彼は現在、63歳。いまは福祉施設で働いているが、元はホームレスだった。

「惰弱な人生だった。何もかも嫌になって、何もかも失ったとき、救ってくれたのが広島カープ。諦めない戦いをホームレスのときから、このラジオで聴いていました。広島カープは、私の希望です」

名前を聞いたが、「名乗るほどでもないので」と話し、酒場に戻った。

彼の目には涙が、浮かんでいた。


Every. Tasty. Video. EVER. The new Tasty app is here!

Dismiss