ラッパーUZIの大麻所持逮捕 般若がブログで語った「20年もやってきてなにやってんだよ」

    トラックはLAMP EYE「証言」。

    ラッパーのUZIこと許斐氏大(このみ・うじひろ)容疑者が1月15日、大麻所持の疑いで関東信越厚生局麻薬取締部に逮捕された。

    UZIは東京都出身のラッパー。Zeebraを擁するヒップホップクルー「URBARIAN GYM」の一員として活動し、3MCユニット「T.O.P. RANKAZ」にも参加。

    また、MCバトルブームの火付け役になった「フリースタイルダンジョン」(テレビ朝日)では、オーガナイザーのZeebraの横で司会進行を務めていた。

    日本のヒップホップシーンを牽引してきた人物のひとり。そして、ヒップホップブームの兆しが見え始めていただけに、UZIの逮捕は業界に衝撃を与えた。

    般若がUZI逮捕を「証言」

    そんな中、同じくラッパーの般若が21日、ブログを更新。般若はUZIとフリースタイルダンジョンで共演している。

    般若のブログはラップをし、それを音声で公開することで知られている。

    21日更新分では、UZIと周囲のラッパーについて言及した。

    昭和レコード / Via amzn.asia

    般若

    約2分10秒の中で般若はこうラップした。トラックはLAMP EYE「証言」。

    オメェらが持てはやされたあの時代 挫折と失意のどん底だった

    教えやるよなんでこうなった 「証言」してやるよ俺はラッパー 

    俺、ここに来るまで全部捨ててる 歩みも話もだから捨ててる

    一言で言えねぇ だから震える 

    おいUZIまじでダセェな 年上だけどお前しゃべえな

    なんで昔からダラシがねぇんだ なんでいま言わなきゃいけねぇんだ

    薬物勝手にやれよ やんならはなから番組辞めろ

    気まずい奴はテレビに出んな 周りの人に迷惑かけんな

    あんたが昔この業界でいっときあんま出なくなったとき、這い上がってくる姿俺はみてぶっちゃけ胸がマジで熱くなった

    そりゃ俺だって下手も打った 血も汗も涙も泥もすすった

    狂ったように曲を作った この音楽が俺を救った

    許せねぇんだよ、オメェもZeebraも格好ばっかで中身がねぇんだ

    誰かが逮捕 誰かが逮捕 またいちからやり直すのかジェンガ

    別にディスりたくねぇけどZeebra この間話したな俺と電話

    あんたが俺を選んだ だからあんたについていくけどやっぱ変だ

    あんたら世代の意識のなさ 結果ここまで来たってのにさ

    おいマーヤン、アゲハに来んな 理由?邪魔だ十分だ

    ダース、上野、死ぬまで群れろ だったらUZI君のケツ持てよ

    持てねぇんだったら擁護すんな 半端な気持ちを譲渡すんな

    好きか嫌いかで俺はやってねぇ 人柄なんてクソっくれ

    20年もやってきてオメェら一体なにやってんだよ、おい 文句あんだったらこっち来いこの野郎 バチバチやってやっからよ

    UZIをはじめ、Zeebra、G.K.MARYAN(マーヤン)、ダースレイダー、サイプレス上野を名指しで非難。

    「20年もやってきてオメェら一体なにやってんだよ」

    一部、UZIを擁護するラッパーもいる中、“孤高のラッパー”般若はそれらもろとも切り捨てた。

    BuzzFeed JapanNews


    Contact Takumi Harimaya at takumi.harimaya@buzzfeed.com.

    Got a confidential tip? Submit it here