back to top

大城レギュラー獲得なるか!? 読売ジャイアンツの歴代開幕マスクを振り返る

山倉和博、村田真一、阿部慎之助…

NTT西日本からドラフト3位で入団した大城卓三選手がオープン戦で好調。開幕一軍に向けて大きく前進しており、15年から開幕捕手を務める小林誠司選手とのレギュラー争いが注目されています。

3月30日からの開幕三連戦(対阪神)に先発マスクを被ることができれば、巨人の新人では01年の阿部慎之助選手以来の新人開幕カード先発になります。

そこで今回は、巨人の30年前からの歴代開幕マスクを振り返ってみます。

山倉和博(88年)

時事通信

88年の開幕マスクは、「意外性の男」こと山倉選手。前年には打率.273、22本塁打、守備でも高い評価を受け、巨人の捕手としては史上初のシーズンMVPを獲得しました。88年にケガをし、他選手の台頭もあって90年に引退となりました。

広告

大久保博元(93、95年)

時事通信

西武から移籍して一年後の93年に開幕捕手を務めた。94年には村田真一が再び正捕手になったが、95年には二年ぶりに開幕戦捕手として出場。斎藤雅樹の二年連続開幕戦完封勝利に貢献した。その年、足首を骨折し、現役引退となった。

広告
BuzzFeed JapanNews

Takumi Harimayaに連絡する メールアドレス:takumi.harimaya@buzzfeed.com.

Got a confidential tip? Submit it here.