back to top

「私は変わっていないよ」規格外JKラッパー“ちゃんみな”がメジャーデビュー いまの心境を語る

普通の女子高生ではいられない。

第9回高校生ラップ選手権で一躍注目を集めた現役JKラッパーのちゃんみな(@chanmina1014)。

3月8日に発売される1stアルバム「未成年」(ビクターエンタテインメント)で、メジャーデビューをする。

BuzzFeed Newsは昨年6月に彼女にインタビューをしていた。

いまの心境。そして見据える将来とは。半年ぶりに彼女に会いに行った。

広告

ちゃんみなは、現在18歳の現役高校生。日本人の父と韓国人の母を持つ。

実体験をもとにしたリリックや独特の歌声。また、ダンスやメイク、ファッションなど音楽面以外でも同世代から多くの支持を集める。

メジャーデビューが決まったいまの率直な気持ちを話す。

「いまは本当に幸せです。一生音楽をやっていいんだと、認めてもらえた安心感があります」

「けれど、制作期間中は本当に不安でした。ゴールのないマラソンを延々と走っているような。プレッシャーで、曲が書けなくなるときもありました。いまは“悟り”を開いて、逆に変な落ち着きがあります(笑)」

その楽曲制作のつらさを語る。

「やっぱり産む作業なんですよ。子どもを産むわけじゃないですけど。あと何回産めばいいんだよって。けれど『この曲を早く聴いてもらいたい』『ライブで歌いたい』と先を見てなんとかやり遂げました」

1stアルバムには、昨年4月に配信リリースし、 iTunes HIP HOPチャート1位を獲得した「未成年 feat. めっし」のNewミックス音源。

また、YouTubeで再生回数140万超えの「Princess」のNEWミックス音源。さらに2月1日に先行配信するシングル曲「FXXKER」など全11曲が収録される予定だ。

YouTubeでこの動画を見る

youtube.com

▲「FXXKER」のMV

「大切にしたのは『自分らしさ』。言葉ではうまく言えないんですが『なんか私らしくない』と何回も録り直した曲もあります」とちゃんみな。

すごく孤独だった。普通の女子高生ではいられない

高校生ラップ選手権で注目を浴びたのが昨年の4月。そこから1年も経たずにメジャーデビューだ。環境の変化について話す。

「本当に走馬灯のようでしたね。徐々に忙しくなる人が多いと思うのですが、私の場合、急でしたから。ダイエットしたわけじゃないんですが、9キロくらい痩せましたね」

「あとはすごく『孤独』だった。忙しくなって地元の友だちにも会えなくなって。連絡も取らなくなる。カラオケとかバイトとか、普通の女子高生ができていることができない寂しさはありました」

ちゃんみなは、高校生のうちにメジャーデビューするのが目標だった。達成できた理由を自分なりにこう考える。

「目の前のチャンスを掴みにいったからだと思っています。どんなことがあっても逃げなかった。甘くみている人もいるけど、私は練習量も全然違う」

広告

最後に伝えたいことはあるか? と聞いてみた。

「もしかしたらメジャーデビューをして『ちゃんみなは変わった』と思う人もいるかもしれません。けれど、私は全然変わっていない。大丈夫だよって伝えたいです。やりたい音楽をやっています」

変わらないことを伝えるために選んだという「FXXKER」のリリックにこのような部分がある。

マセガキクソガキなんとでも言えよ 練馬のビヨンセびくともしねぇよ

2017いまを生きる時代が選んだI’m a princess

●先行配信シングル「FXXKER」

iTunes Store、レコチョク等主要配信ストアにて配信



広告


広告

Takumi Harimayaに連絡する メールアドレス:Takumi.Harimaya@buzzfeed.com.

Got a confidential tip? Submit it here.

Sponsored