go to content

坂本がホームランを打った瞬間、帰るカープファンも...

希望を撃ち抜く3ラン。

マツダスタジアムに落胆の声が挙がった。甲子園球場で行われている阪神対巨人戦。8回表のことだった。

25年ぶりのリーグ優勝を本拠地で決めるには、広島が勝ち、巨人が負けることが条件。

広島は一回裏、丸が本塁打を放ち、マツダスタジアム周辺は一気に盛り上がる。その後も追加点を入れ、中日に差をつける。

一方の甲子園球場。4回裏、福留のヒットで先制した。巨人打線は沈黙を保ったまま。

街は一気に優勝モード。スタジアム近くの企業では、鏡開きの準備が始まった。

「今日決まる」。多くのカープファンがそう思っただろう。しかし、沈黙がスタジアムを包んだ。

8回表、巨人・坂本が逆転のスリーランホームランをレフトスタンドに叩き込んだ。一瞬の静寂のあと、「うそ」「マジ!?」「坂本ー!!」の声が巻き起こった。

坂本のホームラン後、帰路につく男性がいた。松田仁さん(32歳)。

「もう今日は無理でしょ。坂本、勘弁してくれよ……。空気読んでくれ。明日、優勝なんてことはなしだよ。巨人、直接戦おうよ」

カープは明日、移動日。巨人が負ければ自動的に優勝が決まる。松田さんは肩を落とし、去った。

先述の鏡開きを準備していた企業に向かうと、すでに撤収されていた。

広島は7対4で勝ち、マジックを1に減らした。

会社の友人3人組で来ていた藤木佳奈恵さん(25歳)は、「坂本、なんで打つの……。頼むから明日、巨人勝って!!」

マツダスタジアムは、巨人応援ムードに変わっていた。

Takumi Harimayaに連絡する メールアドレス:Takumi.Harimaya@buzzfeed.com.

Got a confidential tip? Submit it here.