歌手のASKA、覚醒剤での逮捕報道をブログで否定「陽性は、ありません」

    報道後、3回のブログを更新した。

    歌手のASKA(本名・宮崎重明)が覚醒剤を使用した疑いがあるとして、警視庁は11月28日にも覚醒剤取締法違反で逮捕する方針を固めたと、NHKが伝えた

    時事通信

    ▲2014年7月、勾留先の警視庁東京湾岸署を出るASKA元被告

    ASKA本人はブログで、報道直後の午後2時53分に「はいはい。みなさん。落ち着いて。」というタイトルでブログを更新。以下の文のように逮捕報道を否定した。

    間違いですよ。

    詳しくは、書けませんが、先日、僕の方から被害届けを出したのです。

    被害の内容は、想像して下さい。

    そしたら、逆に疑われてしまいまして、

    尿検査をうけました。

    何の、問題もありません。

    ずべて、フライングのニュースです。

    これから、弁護士と話をいたします。

    ASKA

    また、15時5分には「陽性は、ありません」というタイトルで再度容疑を否定。

    100%ありません。

    ASKA

    芸能レポーターの井上公造氏はこの日、日本テレビ系のワイドショー「情報ライブ ミヤネ屋」に出演し、昨年12月に電話でASKA元被告と話したと語ったが、15時20分更新のブログで、これについても否定している。

    ミヤネ屋さんへ。

    「人が、信じられなくなってる。」

    なんて、電話はしてませんよ。

    Appleのアカウントを、週に2回も乗っ取られ、

    インターネット、メールも一切出来なくなってしまいました。

    相手も特定出来ていたので、

    直ぐに警察に電話もしました。

    「サイバーを紹介して下さい」

    と。

    それだけです。

    幻聴、幻覚など、

    まったくありません。

    ASKA元被告は、覚醒剤などを使用したとして覚醒剤取締法違反の罪などに問われ、2014年9月に懲役3年執行猶予4年の有罪判決を受けており、現在は執行猶予中。

    27日には、12月下旬に新作を公開予定であることを発表していた。

    UPDATE

    16時21分、「とにかく驚いています。」とさらに更新。

    もし、科研が調べたのであれば、無実は証明されているはずです。

    尿から、覚せい剤反応が出るわけなんてことは、あるわけがなのですから。

    これは、マスコミのフライングです。

    今は、これしかお伝えすることはありません。

    ASKA

    逮捕報道後、4度目のブログ更新である。


    Contact Takumi Harimaya at takumi.harimaya@buzzfeed.com.

    Got a confidential tip? Submit it here