アルミホイルを2時間叩き続けた結果、こんなにピカピカになりました

    すげぇwwwww

    アルミホイルを叩き続けた結果…、

    @Asu_Astell

    こんなにピカピカな球体になりました!

    @Asu_Astell

    Twitterユーザーのアスさん(@Asu_Astell)が投稿したツイートが話題になっています。

    「先日、話題になっていたアルミホイルを叩いて球にした方のツイートを思い出して、自分も挑戦しようと思いました」とBuzzFeedに話します。

    「アルミホイル玉」は現在、SNSで密かに話題になっているのです。

    アスさんに制作方法を聞きました。

    1.アルミホイルを手で丸めて大まかな球体にする。

    2.ある程度、形が整ってからゴムハンマーで軽く叩いて球に近づける。

    3.2時間程かけて叩き、硬さが出てきたら金槌を使って本格的に硬さと形状を整えていく。

    4.市販の耐水ヤスリを粗いもの、滑らかなものの順にかける。

    5.磨き終わったら、液体研磨剤(アスさんはピカールを使用)を乾いた布につけ、優しく球を擦っていく。

    コツは「焦らず形を見て叩き、根気よく磨くこと」と話します。

    あらためて制作の過程を見てみましょう。

    最初はこのような状態

    @Asu_Astell

    だんたんと球体になってきて…

    @Asu_Astell

    表面が滑らかになってきて…

    @Asu_Astell

    最終的にこうなります!

    @Asu_Astell

    ツイートは9万回以上リツイートされるほど話題になっています。

    アスさんは「驚いています。ただ仲間内の笑いのネタになればと思って投稿したものが、いつの間にかこんな事態になっているとは…」と驚きを隠せないようすでした。