back to top

メジャー挑戦の大谷翔平 日本球界に残した「7つの伝説的記録」

11月11日午前11時、正式にメジャー挑戦を表明した

会見内で「いちばんの選手になりたい」と語った大谷選手。投打の“二刀流”でプレーをし、記録のみならず、プロ野球を盛り上げた「日本球界の宝」だった。

その伝説的な記録をあらためて振り返ってみる。

広告

1. 高卒3年目で年俸1億円の大台到達

時事通信

2014年に大谷選手は、年俸3000万円から7000万円増の1億円でサイン。高卒3年目での1億円の大台到達は西武時代の松坂大輔投手以来、プロ野球史上2人目である。また、翌年は1億アップの2億円で更改。2007年の日本ハム・ダルビッシュに並ぶプロ野球史上最速タイ。

4. NPB所属にも関わらず、MLB「最も興味深い50人」に選出される

時事通信

2016年と2017年の2年連続で、ニューヨーク・ポストの「MLBで今年最も興味深い50人」に選出された。日本球界(NPB)でプレーしているにも関わらず、MLB注目の人物として選出されるのは極めて異例のことだった。

5. ベストナインで史上初の投打でW受賞

提供=北海道日本ハムファイターズ

2016年のプロ野球ベストナイン。大谷選手は「投手」と「ベストDH」で史上初の“二刀流受賞”を達成した。同年、最優秀選手(MVP)と日本プロスポーツ大賞も受賞している。

広告

6. 松井秀喜に続く2人目の「東京ドームに消えた打球」

時事通信

2016年11月13日の日本代表「侍ジャパン」とオランダとの強化試合。7回、代打大谷の高く上がった打球は東京ドームの天井に吸い込まれて、消えた。ドームの特別規定で二塁打に。同様のことを2002年に当時、巨人の松井秀喜が起こしており、史上2人目となる。ボールはその後、無事みつかった

BuzzFeed JapanNews

Takumi Harimayaに連絡する メールアドレス:Takumi.Harimaya@buzzfeed.com.

Got a confidential tip? Submit it here.

Sponsored