• bousaijp badge
Updated on 2019年6月4日. Posted on 2018年9月6日

北海道で震度7 地震発生時にやるべきこと・やってはいけないこと

「東京防災」の資料を参考にする

8月6日午前3時8分ころ、北海道胆振地方中東部を震源とするマグニチュード6.7の地震があり、最大震度7を観測した。この地震による津波の心配はない。

札幌市清田区里塚の妹の家から送られてきた動画。 家も傾いたりひどい状況 #地震 #液状化 #避難勧告 #札幌地震 #北海道地震 #札幌 #清田区

札幌市中央区円山に住む80代女性は、「揺れですぐ目が覚めたが、揺れが大きく、起き上がれなかった。横揺れが長く続いて、収まったあとも気分が悪くなるほど」とBuzzFeed Newsの取材に話す。

6日午前9時現在、水道と電気は止まっている。自宅周辺では、信号などは止まっているが、地割れや火災などはみられないとのこと。

やるべきこと・やってはいけないこと

地震発生直後、なにをすべきで、なにをやってはいけないのか。東京都の防災情報ハンドブック「東京防災」からまとめた。

NGなこと

東京防災

ガスや電気が通っている自宅などでは、ガスに引火する可能性がある。火はつけない。ブレーカーを上げない。電気のスイッチも触らないようにしよう。

被災地以外の人にとって大事なのは、不要不急な電話を控えることだ。被災直後は、電話回線がパンクする恐れがある。用がないなら、電話は絶対にやめる。

発生直後の行動について

自宅にいる場合の注意は次の画像にまとまっている。

東京防災

移動中の注意点

落下物や、切れた電線などにも注意がいる。

東京防災

避難したほうがいい?

避難を判断するための、フローチャートがまとまっている。もし、家族が離れ離れになっている場合は、自宅に安否メモを残す、電話会社が提供している災害用の伝言サービスを使うことが大事だ。

東京防災

避難する際の注意

東京防災
  • ブレーカーを落とす
  • ガスの元栓を閉める
  • 災害メモを残す
  • 伝言板、SNSで連絡する


2018年9月6日午前3時8分ごろに起きた地震で、震度5弱以上の揺れが観測された市町村は次のとおり。

Yahoo!天気 / Via typhoon.yahoo.co.jp

震度6強

安平町 

震度6弱

千歳市 

震度5強

札幌北区、苫小牧市、江別市、三笠市、恵庭市、長沼町、新ひだか町 

震度5弱

函館市、室蘭市、岩見沢市、登別市、胆振伊達市、北広島市、石狩市、新篠津村、南幌町、由仁町、栗山町、白老町 

アップデート

最大震度が7だったという気象庁の発表に合わせ、一部を修正しました。

Contact Takumi Harimaya at takumi.harimaya@buzzfeed.com.

Got a confidential tip? Submit it here