back to top

We’ve updated our privacy notice and cookie policy. Learn more about cookies, including how to disable them, and find out how we collect your personal data and what we use it for.

訪日外国人に異変 爆買いは収束? 進む中国人観光客の”日本人化”

爆買いが収束でも、売り上げ好調なのはなぜ?

低迷していた百貨店の売り上げが回復

中国の関税引き上げの影響を受け、爆買いが収束し低迷していた百貨店市場。しかし、大手百貨店の9月度売り上げは好調だった。その理由を百貨店に聞いた。

【9月度売り上げ】大丸心斎橋店は前年比30%増、高島屋新宿店は11.2%増

時事

三越伊勢丹は前年の同月と比べて7.3%、高島屋8.3%、大丸松坂屋7.0%、そごう・西武は3.5%、阪急阪神は9.4%、それぞれ売り上げを伸ばした。

特に大都市の店舗ごとの売り上げも好調。前年の同月と比べて、伊勢丹新宿店は9.5%、三越銀座店は19.0%、高島屋大阪店は18.0%、大丸心斎橋店は30.1%、阪急うめだ本店は14.8%、と高く伸びた。

訪日外国人の購買が好調

時事

売り上げが伸びたのは、気温が冷え込んだことにより秋物がよく売れたのも理由に1つだ。ただ、それだけではない。訪日外国人の客数も伸びも影響している。

三越伊勢丹ホールディングスによると、訪日外国人の客数は増加しているという。特に人気なのは、日本ブランドの化粧品や宝飾、時計、バッグなどのラグジュアリーブランドだ。

阪急百貨店でも訪日外国人の客数は伸びている。運営会社のエイチ・ツー・オー リテイリング株式会社によると、化粧品なども人気だが、関税引き上げの影響で減っていた高級商品の売り上げも回復しているそうだ。

広告

“爆買い”は失速 「日本人の感覚に近づいている」

三越伊勢丹では、中国人観光客などの大量購入、いわゆる “爆買い”はかなり減っているという。

「これまではお土産用の購入が主流だった。しかし、今は自分用の商品をじっくり吟味されて購入するケースの方が多い。日本人のお客さまと感覚が近づいているのではないか」と担当者は話した。

阪急百貨店の担当者も、土地柄ツアーの団体客などによる爆買いはもともと少なかったが同じように感じている。

「例えば化粧品の場合、以前は型番だけを元に購入するケースが多かった。しかし、今は試してから買う人も多い。より日本人に近い購買になっている」

そのほかにも、婦人服などでは、単に“日本製”にこだわるという傾向は薄れ、デザインを見て気に入ったものを買う訪日外国人が増えているそうだ。

増える訪日外国人 “言葉の壁”はどうしているの?

時事

各百貨店では、増える訪日外国人への対応が急務となっている。

三越伊勢丹ホールデングスの担当者は、「(中国語や英語を話す人材の確保は)着実に進んでいる。大卒総合職社員に占める外国籍シェアも上がっている」と話した。

訪日外国人へのサービスも充実してきている。伊勢丹新宿店では訪日外国人対応の専用スタッフが各フロアを巡回している。ショップスタッフから連絡があると、接客のサポートをするという。

阪急百貨店では、買い物に必要な単語が書かれた指差しマップの導入や免税店の人員増加を行なっているという。

国内消費の低迷が続き、厳しい状況に置かれている百貨店業界。訪日外国人の購買に活路は見いだせるのか。勝負がかかっている。