• animaljp badge

可愛すぎる…。上野の双子パンダの名前が決定! 公開はいつから? 名前の意味は?

上野動物園の双子パンダの名前が決定しました。癒しです…。

上野動物園(東京都台東区)で生まれた、双子のジャイアントパンダの名前が決まりました。

オスのパンダの名前は「シャオシャオ(暁暁)」で、メスのパンダの名前は「レイレイ(蕾蕾)」です。

時事通信・公益財団法人東京動物園協会提供

オス「シャオシャオ(暁暁)」(左)とメス「レイレイ(蕾蕾)」(右)

名前の意味は?公開時期は?

東京動物園協会によると、「シャオシャオ(暁暁)」は「夜明けの光が差し、明るくなる」ということを表します。

「レイレイ(蕾蕾)」は「蕾(つぼみ)から美しい花が咲き、未来へつながっていく」という意味があります。

上野動物園は8月、双子の名前を一般募集し、19万を超える応募がありました。

名前は、応募件数の多かった上位の名前の候補から、外部の有識者を含む名前候補選考委員会の審議を経た上で決められました。

双子は、2022年1月をめどに上野動物園の西園「パンダのもり」で公開予定。

具体的な日程について東京動物園協会は「シャオシャオとレイレイの成育状況などを踏まえ、別途お知らせします」としています。

YouTubeでこの動画を見る

youtube.com

東京動物園協会によると、シャオシャオとレイレイは10月1日に生後100日を迎え、体重も順調に増えているといいます。

10月5日の体重計測では、シャオシャオは6000g、レイレイは6050gでした。

母親のシンシンも、健康状態に問題はなく、モウソウチク、シノダケ、マダケなどのタケ・ササ類を中心に、副食のニンジン、パンダ団子、リンゴもよく食べているということです。


Contact Sumireko Tomita at sumireko.tomita@buzzfeed.com.

Got a confidential tip? Submit it here