• bousaijp badge

次の台風が来る前に、あなたに必ずしてほしい4つのこと。

台風の季節がやってきました。自分や大切な人の命を守るために、非常用持ち出し袋の中身の補充や避難所の確認など、事前に準備できることがあります。

今年も、台風の季節がきました。台風発生のニュースを聞いてから焦って準備するのではなく、時間がある時に事前にできる備えがあります。

台風だけでなく、大地震などの災害もいつでも起こる可能性があります。

自分や大切な人の命を守るために、今できる4つのことを紹介します。

1:非常用持ち出し袋の中身、全部揃ってる?

Nozomi Shiya/ BuzzFeed

いざという時に持ち出せるように、日頃から揃えておきたいのか「非常用持ち出し袋」。

まず、「持ち出し袋そのものが、まだ自宅にない」という人は、ぜひこの機会に用意してください。使っていないリュックサックなどに少しずつ物を入れていくことで準備ができます。

「持ち出し袋はあるけど、必要なものは揃っているかな?」、そんな人は、このチェックリストで確認してみてください。

Nozomi Shiya / BuzzFeed

2:自宅に備える「ローリングストック」とは

非常用持ち出し袋の他に、大きな災害に備えて自宅に、3日分以上の水や食料を備えておくことも大切です。

公的な支援物資がすぐに届かなかったり、自宅に閉じ込められたりした時への備えです。

消費期限などを定期的にチェックし、期限の前に食べ、食べた分を新しく買い足して備蓄しておくことを「ローリングストック」といいます。

BuzzFeed News

以下が、政府が呼びかけている、水・食料の備蓄の目安です。

飲料水:1日1人3リットルを目安に、家族の人数分を3日分用意。可能なら1週間分、備えましょう。飲料水の他に、生活用水などの備えも必要です。

食料品:最低3日分の食料×家族の人数分が目安。大規模災害発生時に備えるには、自宅に1週間分の備蓄を。中身は、アルファ米などのごはん、缶詰、ビスケット、乾麺、チョコレートなど。

3:どこに避難できるのか。調べて家族とも共有

BuzzFeed News

平時から、自宅の周辺の避難所を確認しておき、家族と情報を共有しましょう。

もし家族がバラバラの場所にいた時に、どこに避難するかを決めておけば、電話やインターネットが通じなくても、そこで落ち合うこともできます。

また、現在は新型コロナウイルスの流行で「分散避難」が呼びかけられています。

内閣府・いらすとや・BuzzFeed

学校や公民館などの指定避難所の他に、安全な場所にある知人・友人宅や宿泊施設に避難することも提案されています。

普段より多くの避難場所の選択肢を考えておく必要があります。

4:ハザードマップで自宅周辺をチェック

自分が住んでいる市町村の「ハザードマップ」を見たことはありますか?

ハザードマップとは、水害時の浸水、地震、津波など災害が発生した時に、その場所がどのような被害を受けるかを想定した内容が色分けなどで分かりやすく記されている地図のことです。

東京都江戸川区 / Via city.edogawa.tokyo.jp

東京都江戸川区の水害(洪水・高潮)を想定したハザードマップの一部

例えば、水害が発生した時に、自宅がどの程度の浸水被害に遭うか知っておくことで、備えることができます。

ハザードマップは、引っ越した際に役所などでもらったり、自治体が配布、役所ウェブサイトで公開したりしています。自治体によっては、多言語で公開しているところもあります。

国土交通省が運営する「ハザードマップポータルサイト」では、各地のハザードマップを閲覧できる他、様々な災害のハザードマップを重ねて見ることもできます。

国土交通省 / Via disaportal.gsi.go.jp

国土交通省が運営するハザードマップポータルサイト

「重ねるハザードマップ」では、住所を入力すると、「洪水(想定最大規模)」「土砂災害」「津波」「道路防災情報」の4つのハザードマップを重ねて一つの地図上で見て、リスクを知ることができます。

BuzzFeed

身近な防災グッズから災害時のライフハック、避難に必要なものや、被災者 / 被災地の健康・衛生対策まで。

BuzzFeed Japanでは防災に関する様々なコンテンツを発信しています。関連記事はこちらからご覧ください。

Contact Sumireko Tomita at sumireko.tomita@buzzfeed.com.

Got a confidential tip? Submit it here