• bousaihack badge
  • bousaijp badge

もしもの時のため。「冬の停電」に備えるには何をしたらいい…? イラストでまとめました

災害時に停電がおこったら…?もしもの時のため、家でできる備えをまとめました。

大地震や台風など、災害時に停電がおこったら…?

電気の復旧までは時間がかかることもあり、平時からの備えが大切です。

もしもの時のため、家でできる停電への備えをまとめました。

BuzzFeed

まず、停電に備え、防災グッズに懐中電灯携帯型ラジオ、そしてその電池を入れておきましょう。

台風などの想定できる災害の前には、あらかじめスマートフォンやモバイルバッテリーを充電してください。

停電が起きたときのために、液晶画面を暗くするなどのスマートフォンのバッテリー節約方法をあらかじめ確認しておくと役に立ちます。

夜間の災害発生時、窓ガラスが割れた場合などは、床にガラスの破片などが散らばっている可能性があるので、暗い中での避難は危険です。

リビングや寝室などに懐中電灯避難用の履物、停電時にも使える足元灯を備えましょう。

IHクッキングヒーターを使っている家庭は、ガスボンベを使うカセットコンロを備えておくと安心です。

電気を必要とする医療機器などを使っている場合は、非常用電源を備えましょう。

停電が発生したら…?火災にも注意を

火災を防ぐため、あかりや暖をとる目的でろうそくを使うのは極力避けてください。

停電した際は、ブレーカーを落とし電気器具のプラグをコンセントから抜き、電源が落ちていることを可能な限り確認してください。

電源スイッチが入ったままの電気ストーブなどの電化製品がある場合、停電が終わって再び通電した時、配線から火災が発生する危険性があります。これを「通電火災」といいます。近くに燃えやすいものを置かないことも大切です。

火災防止に、揺れが来たら自動的に電気を遮断する感震ブレーカーが役立ちます。

冬場の停電への備え、注意点は…?

冬場の停電では、寒さへの対策も必要です。

保温アルミシート使い捨てカイロ毛布防寒具なども用意しましょう。

BuzzFeed

家庭用電源が不要な石油ストーブや、カセットボンベを燃料として使うストーブなどの暖房器具があれば安心です。

ポータブルの石油ストーブなどを使用する場合は、こまめに換気をして一酸化炭素中毒にならないよう気をつけてください。

地震があった際は、再び大きな揺れがくる恐れも。十分に注意してください。


出典:内閣府「大規模地震発生!どうする?停電」、内閣府防災「大規模地震時における電気火災対策編 全体版」、消防庁消防大学校消防研究センター「地震後の火災防止について(注意喚起)」、気象庁札幌管区気象台「防災メモ・冬の地震対策」、札幌市「冬の地震に備えて

Contact Sumireko Tomita at sumireko.tomita@buzzfeed.com.

Got a confidential tip? Submit it here