• electionjp badge

あなたが投票に行く理由は?立憲民主党の演説に集まった人に聞いてみた【衆院選】

「あなたが投票に行く理由はなんですか?」。10月31日の衆院選の投票日を目前に、東京・新宿駅前で行われた立憲民主党の演説に集まった人たちに聞きました。

10月31日に投開票日を迎える衆院選。

BuzzFeed Newsは選挙戦最終日の30日夜、与党・自民党と野党第一党・立憲民主党の両党首が東京都内で最後に行った街頭演説を取材しました。

JR新宿駅東南口前で午後6時から行われた、立憲民主党の演説では、枝野幸男代表がマイクを握り、聴衆に語りかけました。

集まった人たちに「わたしが投票する理由」を聞きました。

自民党の演説会場での「投票する理由」

「皆が平等な社会を実現したい。今の政治を変えたい」

Sumireko Tomita / BuzzFeed

「現政権の政治では、一部の富裕層の人たちが豊かになって、一般庶民の人たちの生活は苦しいという不公平な構造があると思います。皆が豊かになれる社会を実現してほしいです」

「若い人たちの投票率も低いですが、投票は、自分で政治を変えていくことができる権利だと思うので、放棄するのは非常にもったいないと思います。学校教育では、政治の仕組みを教えるだけでなく、自分たちも政治に参加したいと思えるような授業をしてほしいです」

(10代 大学生)

「選挙権があるからです」

Sumireko Tomita / BuzzFeed

「選挙権があるから投票します。10年後の人々の生活や経済を良くしてくれると思えるところに投票しようと思います」

「大学の30人くらいの授業で、投票するか聞かれた時に、5人くらいしか手があがらなかった。政治にもっと興味を持ってとは言わないけど、今はネットのニュースやボートマッチのサイトなどでも情報を得られるので、ぜひ投票にいってほしいです」

(20代 大学生)

「自民党を降ろしたい」

Sumireko Tomita / BuzzFeed

「持続化給付金の2回目給付や、中小零細企業への補償などを実現してほしいです。母親が家族経営で旅行関係の中小企業をやっていますが、自民党政権では全く助けてくれませんでした。Go Toトラベルでは中小企業は潤わず、現金での支援を求めていました。それをわかっていないのだなと感じました」

「新型コロナの感染者が減っても、中小企業のお客さんは、ずっと付き合いがある個人か団体のお客様。団体旅行が活発になるまではまだまだ時間がかかるので、現金給付を待っています」

(40代 会社員)

「変えたい!!」

Sumireko Tomita / BuzzFeed

「自民党による『上部だけ』の変化だけでなく、本当の意味で政治を変えてほしいと思います。私たちみたいなパートの人たちも『ちょっと潤ったな』と感じることができる生活を」

「株を持っているようなお金がある人は儲かったかもしれないけど、パートで働く人たちの時給が上がるような政治をしてほしい。平等に皆が『ほっとできる』ような生活を実現してほしいです」

(50代 パート)

「ずるいやつが勝つ世の中を変えたい」

Sumireko Tomita / BuzzFeed

「ずるくて、嘘をつく政治家はいらない。そんな世の中は嫌なので、変えてほしい」

「若い人たちが夢を持てるような社会にしてほしいです。奨学金が返済できなくて困っている人たちもいる。返さなくて済むような仕組みにしてほしいです」

(50代 会社員)