• borderlessjp badge

小泉今日子さんが入管法改正案に反対「#難民の送還ではなく保護を」 ミュージシャンや俳優も抗議の声

現在、国会で審議されている入管法改正案について、反対の声があがっています。歌手や俳優などの著名人も、SNSや会見で反対の姿勢を示しました。

現在、国会で「入管法改正案」についての審議が行われています。

この政府案は、母国での弾圧から逃れ、日本に助けを求めてきた難民の受け入れや収容に大きな影響を与えるもので、市民から多くの反対の声があがっています。

歌手や俳優たちも、自身のSNSや会見で反対の声をあげました。

SUGIZOさん「どの国にいようとも基本的人権は守られるべき」

Jun Sato / WireImage / getty image

SUGIZOさん

ミュージシャンのSUGIZOさんは、入管法改正案の廃案を求めるオンライン署名に賛同し、こうコメント寄せています。

《日本での難民、移民に関する見識が、国際社会の基準として著しく低いという現状を、何年も前から懸念してきました》

《どの国の人であれ、どの国にいようとも、基本的人権は守られるべきです。自国に帰ることが命の危険に晒されたり迫害を被る可能性が高い人は、その存在を守られるべきです》

SUGIZOさんはこれまで、何回も海外の難民キャンプを訪れ、難民支援を続けてきました。

Sumireko Tomita / BuzzFeed

ラサール石井さん「『帰ったら殺される』という人が難民申請しても99%通らない」

俳優のラサール石井さんは、5月6日に開かれた入管法改正案に反対する会見に参加。このように意見を述べました。

「『国に帰ったら殺される』というような人が(難民)申請をしても99%が通らない。今の難民申請は全く受け付けられていないのと同じようなこと」

「しかも申請中は強制送還されなかったものが、今度はされるようになってしまう」

改正案では、難民の申請回数の上限が設けられ、3回目以降は強制送還の対象に。申請中でも強制送還が可能になることについての問題を指摘しました。

小泉今日子さん「#難民の送還ではなく保護を」

#難民の送還ではなく保護を https://t.co/owlvv5ud34

Twitter: @asatte2015

俳優の小泉今日子さんは、自身が代表取締役を務める株式会社明後日のTwitterアカウントで、改正案への反対の姿勢を示しました。

小泉さんは、廃案を求める会見についてのツイートを引用リツイートする形で、「#難民の送還ではなく保護を」と投稿しました。

Twitterでは、このハッシュタグや「#入管法改悪反対」で、人々が反対の意見を投稿しています。

政府案では、国に帰れない理由があったとしても強制送還を拒むと刑事罰の対象となりうる、いわゆる「送還忌避罪」(退去強制拒否罪)も新設される見通しです。

七尾旅人さん「日本の難民認定率はずっと世界最低レベルだったのに…」

先日紹介した入管法改定案の廃案を求める署名にコメントを寄せました。 国家や民族という単位から徹底的に阻害されていく存在を、僕ら日本人は想像しづらいかもしれません。 でもこの想像力を持てなければこの先の世界を明るいものに変えていくことは出来ません。 ぜひご一読をお願いします。 https://t.co/McHDZFPjOg

Twitter: @tavito_net

シンガーソングライターの七尾旅人さんは、入管法改正案の廃案を求める署名に賛同し、コメントを寄せています。

《命をおびやかされ、苦渋の決断で祖国を離れて日本に辿り着いた難民の方々に対して法務省が準備した入管法改正案がこれ。完全におかしい》

《日本の難民認定率はずっと世界最低レベルだったのに、これまで以上に冷ややかに、無責任になっていくというなら、そんな国で、いったいどんな希望が育つのか》

また、七尾さんはnoteで、日本で苦しむ難民の親子について歌った新曲を発表しました。

せやろがいおじさん「最悪の法改正」「改悪すぎる」

YouTubeでこの動画を見る

youtube.com

お笑い芸人・YouTuberの「せやろがいおじさん」こと榎森耕助さんは、YouTube動画や会見で、入管法改正案は「最悪の法改正」と批判。

動画では政府案の内容について説明し、「帰れない人たちを無理やり帰らせる」「改悪すぎる」「どう考えても鬼」などと指摘しました。

榎森さんは4月、「東日本入国管理センター」(茨城県牛久市)に収容されている難民申請者らと面会。数日後に開かれた、改正案に反対する会見では、以下のように話しました。

「面会で(長期収容されている人に)改正案で『よくなるんでしょ?』と言われ、伝えるか迷いましたが内容を伝えました。人の表情が絶望にかわる瞬間を目の当たりにしました。今回の入管法改正というのはそういうものなんだと、改めて実感しました」

「改悪されるのか、ここで止められるのか。岐路に立っています」

Sumireko Tomita/ BuzzFeed

会見で話す、「せやろがいおじさん」こと榎森耕助さん

ソウル・フラワー・ユニオン「人でなしの非道な法案」「声をあげてほしい。頼むわ、みんな」

この、人を人と思わない、人でなしの非道な法案が近々強行採決されようとしている。ミュージシャンも音楽関係者も音楽リスナーも、自分を無力だと思わずにもっともっと声を上げて欲しい。頼むわ、みんな。ほんま、止めたい。 #入管法改悪反対

Twitter: @soulflowerunion

ロックバンド「ソウル・フラワー・ユニオン」は、「PROTECT REFUGEES(難民を守れ)」と書かれた画像を添えて「#入管法改悪反対」とし、こうツイートしました。

《この、人を人と思わない、人でなしの非道な法案が近々強行採決されようとしている。ミュージシャンも音楽関係者も音楽リスナーも、自分を無力だと思わずにもっともっと声を上げて欲しい。頼むわ、みんな。ほんま、止めたい》

また、Vocalの中川敬さんは反対署名に、コメントを寄せています。

《本国へ帰国すると迫害を受ける恐れがある人々を、如何なる理由があっても強制送還するようなことがあってはならない。人権蹂躙が続く入管行政の現状を改善するどころか、追い打ちをかけるような今回の入管法改悪に断固反対します》

Sumireko Tomita / BuzzFeed

長期収容されている外国人も多くいる東京出入国在留管理局

中島京子さん「入管の権限を強めるような法改正、通していいはずがない」

作家の中島京子さんは5月6日に開かれた、入管法改正案に反対する会見に参加。改正案に反対の姿勢を示しました。

中島さんは、非正規滞在のスリランカ人男性と日本人女性の恋愛小説『やさしい猫』を昨年から読売新聞で連載。入管収容の実態についても小説を書くために取材していました。

名古屋出入国在留管理局では3月、収容中のスリランカ人女性、ウィシュマ・サンダマリさんが死亡。収容中に体調を崩していたにも関わらず、適切な治療が受けられていなかった可能性が高く、遺族や支援者は政府に説明を求めています。

中島さんは会見で「ウィシュマさんの死に関して納得できる説明がされていません。入管の権限を強めるような法改正は通していいはずがないと思います」と話しました。


ご意見を募集しています

📣BuzzFeed Newsでは、LINE公式アカウント「バズおぴ」(@buzzopi)で、読者の皆さんのご意見を募集しています。

日々の暮らしで気になる問題やテーマについて、皆さんの声をもとに記者がニュースを発信します。

情報や質問も気軽にお寄せください🙌LINEの友達登録でBuzzFeed News編集部と直接やりとりもできます。様々なご意見、お待ちしています。

友だち追加

(サムネイル:左・時事通信社、右・Getty image)

Contact Sumireko Tomita at sumireko.tomita@buzzfeed.com.

Got a confidential tip? Submit it here