• factcheckjp badge
  • medicaljp badge
  • sexedjapan badge
2020年2月28日

ネットでよくみる「男の生理」って本当にあるの?医師に聞いてみた

「男の生理」や「睾丸周期」って本当に存在する?泌尿器科の先生に取材しました。

「男の生理」「睾丸周期」ーー。こんな言葉をインターネット上で目にしたことがある人もいるのではないでしょうか。

実際にネットを検索すると、SNS上の個人コメントだけでなく、「男の生理は性欲も左右する」「睾丸のハリや重さで生理中かわかる」などとする、医師への取材をした形跡のみられない記事なども複数みられます。

最近もインフルエンサーがツイートし、話題に(ツイートは数日後に削除されました)。実際にそのようなものは存在するのか、男性不妊症と性機能を専門とする小堀善友・泌尿器科准教授(獨協医科大学・埼玉医療センター)に取材しました。

Delpixart / Getty Images

(イメージ写真)

小堀さんは「男性には周期的に骨盤が開閉し、それが原因になってメンタル面で不調が起こるとか、体調が悪化することなどはありません」と話します。

どういうことなのでしょうか。詳しく聞いてみましょう。

男性には女性のようなホルモン周期がある?

女性の生理は、排卵をコントロールするためのホルモン周期によって引き起こされます。小堀さんは「男性にもホルモンの周期があることがわかっています」と話します。

小堀さんによると、女性の排卵や生理出血は「下垂体ホルモン」が周期的に増減することによって、「エストロゲン」や「プロゲステロン」といった女性ホルモンが大きく変動するために起こります。

「それらの女性ホルモンは肌ツヤや感情にも影響を与えています。『生理前だからイライラする』とか、『化粧のノリが悪い』ということは、ホルモンの周期的な変化が原因として引き起こされているのです」(小堀さん)

Ru_foto / Getty Images

女性の排卵は、周期的に約1カ月に1度起こり、生理がくる。

女性の排卵を促す下垂体ホルモンは、男性の体では、精巣で「テストステロン」という男性ホルモンを作り出したり、精子を作り出すための命令として働きます。

しかし、男性のホルモン周期については小堀さんはこう説明します。

「女性のように大きな周期があるわけではありません。脳下垂体を刺激するホルモンは90分単位の分泌周期があり、それによってテストステロンも15分の分泌周期があるとされています」

「テストステロンは日内変動があり、早朝が一番高く、夕方になると減少してきます。女性のように1ヶ月をかけた生理周期というよりは、1日の中でのわずかな変動でしかありません」

「睾丸周期」というものは存在する?

Kokouu / Getty Images

女性の排卵は、周期的に約1カ月に1度起こります。一方で、小堀さんは「男性の精子も精祖細胞から精子に完成していくまでには、74日間かかることがわかっています」と話します。

「女性は1カ月に1つ排卵が起こるのに対し、男性は1日に1億もの精子がどんどん生み出されます」

「そのため、74日に1度の周期があるわけではなく『睾丸周期』というものがあるわけではありません」

「骨盤開閉」も「睾丸の張り」もない

ネット上にあがっている「男の生理」に関する記事には、「骨盤の開閉が周期的にある」という情報もありますが、小堀さんは男性の周期的な骨盤の開閉についても否定します。

Korrawin / Getty Images

また、男の生理の見分け方として「睾丸の張りや重さで『睾丸周期』が分かる」といった記述がある記事もありました。

それらに対しても医学的根拠はなく、こう呼びかけます。

「睾丸が張ってくるようなことはありません。逆に、睾丸が腫れてきたら、何らかの病気が考えられますので、泌尿器科の専門医に相談してみてください」


Contact Sumireko Tomita at sumireko.tomita@buzzfeed.com.

Got a confidential tip? Submit it here