• lgbtjapan badge
Updated on 2020年7月6日. Posted on 2020年6月27日

改名し、胸を切除して、やっと「自分」になれた。今、彼が語ること。

女性として生まれ、学生時代に抱いた違和感。「トランスジェンダー」という言葉さえ知らなかった。改名や胸の切除手術などを経て、男性として生きる幸さんに話を聞きました。

「しあわせ」という漢字一文字で「幸(こう)」。それが彼の名前だ。

しかし彼は「幸」になる前、人生の半分以上を「美幸(みゆき)」として過ごしてきた。

「自分に素直に生きる」ため、学校でも男性用の制服を着られるよう掛け合い、改名し、胸を切除した。

現在は都内で立ち飲み屋の店主を務め、パートナーと共に暮らす彼は、「今が一番、幸せ」と話す。

Sumireko Tomita / BuzzFeed

店主を務める立ち飲み屋でインタビューに応じた浜松幸さん

「幼稚園の頃から、女性が好きだとやんわり自覚はありました」

浜松幸さん(35)は、幼い頃の記憶をたどり、そう話す。

1984年に東京都・文京区に生まれ、姉と一緒に育ったが、スカートが嫌いで、幼稚園時代もリカちゃん人形で遊んだことがなかった。

小学校にあがると、「女子は赤、男子は黒や青」と何かと性別で色分けされた。

当たり前のようにあたえられたランドセルも赤色。「赤いランドセルが嫌で、黒く塗りつぶそうとした」と話す。

周りの女子と違うという「違和感」はあったが、小学生や中学生の時はインターネットもまだ一般に普及しておらず、今のようにLGBTに関する情報もなかった。その違和感が何なのかがわからなかったという。

「高校生で本格的に自覚するまでは、情報もなかったし、相談相手も本当にいなかった」

「高校生で自覚した時も、最初は自分はボーイッシュなレズビアンだと思っていました。トランスジェンダーというものの存在さえ知らなかったんです」

提供写真

自分がトランスジェンダー男性だと気付く前の、当時16才の幸さん(右)

初めて知った「トランスジェンダー」という存在

転機が訪れたのは高校の時。その頃から、インターネットが一般的にも使われはじめ、掲示板などが流行っていた。そこで他のLGBTの人たちとそこでつながった。

掲示板には、実際に対面で会う「オフ会」もあり、参加者の大半がレズビアンのオフ会に幸さんも参加したという。

そしてその日、1人のトランスジェンダー男性がそのオフ会に参加していた。

高校生だった幸さんはその人物について理解できず、周りの参加者に尋ねた。その時、参加者の説明の中で、人生で初めてトランスジェンダーという言葉を知った。

「『俺、これじゃん』って思いました。だから自分は赤いランドセルもスカートも嫌だったんだって、今までのことが全部分かった感じでした。自分はボーイッシュなレズビアンじゃなくて、トランスジェンダーなんだって思いました」

Sumireko Tomita / BuzzFeed

当時通っていた高校では女子生徒用のスカートの制服を嫌々着ていたが、「自分は男だ」と気づいてからは、教員に怒られながらもジャージなどで登校していた。

担任教員に「男子生徒用の制服を着たい」と話し、校内のほとんどの教員や教育委員会とも面談し、掛け合ったという。

校長が「もしこれが受け入れられなかったらどうしますか」と幸さんに尋ねた時、幸さんは「学校を辞めます」と答えた。それくらい、本気だった。

数カ月のやり取りの末、「異装届け」という形で書面を提出し高校3年の夏、男子生徒用の制服で登校することがやっと認められた。

自分で貯めたアルバイト代で新しい制服を買い、スラックスの男子生徒用制服で学校に通い始めた。

友人へのカミングアウトは「人生で一番がんばった日」

Sumireko Tomita / BuzzFeed

高校では、制服について学校と掛け合うなど、行動的だった幸さんだが、中学時代は女子生徒用の制服を着て登校していた。高校でも、友人らにすぐに打ち明けられた訳ではなかったという。

幸さんは、クラスメイトにカミングアウトした日について「35年間生きていて、人生で一番がんばった日」と話す。

「すごく批判されると思っていた。当時の世の中の情報ではカミングアウトすれば『友達をなくす』と言われていたし、掲示板で知り合った当事者の先輩にも『高校にいる間はカミングアウトしない方がいい』と言われていました」

「誰も『やりなよ』とは言ってくれなかった。でも、うまくいくってどっかで思っていたんです。カミングアウトする日はすごく怖かったし、今いる友達がゼロになってもいいやって思って言ったんです」

すると友人らから返ってきた返事は「びっくりするくらい超普通だった」。

「『話したいことってそれ?もうバイトいっていい?』くらいのノリで。こっちは人生をかけて話したのに…と思ったけど『浜松は浜松じゃん』って言ってくれたんです」

幸さんの高校は、生徒数150人の一学年に10人ほどしか男子生徒がいない、女子生徒が多い学校だった。レズビアンやバイセクシュアルだけれども隠していた女子生徒も多く、幸さんがカミングアウトし、学校でも男として生活するようになってからは、他の生徒もカミングアウトするようになったという。

父親も「お前の人生だから」と受け止めてくれ、家族からも「否定されることはなかった」。

俺は「幸」。高校生で決意した”改名”

提供写真

改名した後の「幸」という名前の命名書

学校でカミングアウトし、自分がトランスジェンダー男性だと気付いてからは、「美幸(みゆき)」という名前も「変えたい」と思い始めた。

「元の名前と全く違う名前も考えていたけど、名前は人生で最初にもらうプレゼント。おばあちゃんや両親が考えてくれた名前から『幸』の漢字をもらって、『コウ』と名乗ることにしました」

「学校でも幸と名乗っていて、親もそう呼んでくれました。親戚にも、親が『これから幸なので』と言ってくれていたのを覚えています」

そのようにして高校生から「幸」の名前を使い始め、2009年、24才で正式に戸籍での名前を「幸」に変更した。

戸籍での名前を変更した日のことを、幸さんは「リ・バースデー(Re Birthday)」と呼ぶ。

「幸」という名を持つ自分が戸籍上でも改名をして、公的な手続きを通して改めて生まれた日、という意味だ。

「改名したことをSNSに書き込むと、コメントが止まらず、メールや電話をくれる人もたくさんいて。自分よりも喜んで、かわりに泣いてくれた人がいました」

その日は、友人らが自宅に花束やケーキを持って集まり、一緒にお祝いをした。

それ以来、幸さんは毎年、自分が生まれた日と「幸として生まれ変わった」2つの誕生日を祝っているという。

「いろんな意味で、堂々と胸をはって生きたい」

改名をした後、さらに「自分は幸なんだ」という自覚が高まっていき、学生時代からずっと悩んできた胸の切除を決意した。

「それまでずっと、胸を目出させなくするベストのようなものを着て毎日生活していました。胸がEカップで大きくて、胸をつぶして生きていました。白いTシャツも着れなかった」

「名前も変わったのに、このままでいいのかという気持ちがありました。いろんな意味で、堂々と胸をはって生きたいと思いました」

当時働いていた飲食店で、オペのために1カ月の有給休暇を取りたいと申し出たが、叶わなかったので、その仕事も辞めて手術に挑んだ。

病院にも頼み、オペ中の様子を友人のカメラマンに撮影してもらった。

友人のカメラマンは、幸さんが悩み抜いてやっと決意した手術に立ち会い、その瞬間を撮影する時には「カメラを持つ手が震えた」と言っていたという。

提供写真

オペ中の幸さん

全身麻酔をしてのオペ。手術後は、とにかく痛みがひどく、胸だけでなく腕を動かす動作など全てに痛みが伴うため、食事も自分でまともにとれないほどだった。

しかし、ずっと悩んできた胸がなくなり、今まで胸をつぶしていたベストを着ず、素肌にTシャツを着られることが「嬉しくてたまらなかった」。

戸籍の性別を変えない理由

現在、幸さんはパートナーの美樹さんと一緒に暮らしている。

美樹さんと知り合ったのは、参加していたミュージカル。公募で集まった年齢や職業、性別、国籍など、異なるバックグラウンドをもつ100人が、100日間でミュージカルを作るという、NPO法人「コモンビート」での活動で出会った。

交際を経て2016年10月にプロポーズ。その場に呼んだ友人70人に祝われ、「もうその場が結婚式みたいだった」と振り返る。

Sumireko Tomita / BuzzFeed

パートナーの美樹さんと幸さん

しかし、幸さんは戸籍上の性別を男性に変えていないため、美樹さんとは事実婚状態だ。性別を変更していないことについて幸さんは「戸籍の性別を変えてない理由は子宮をとってないから」と話す。

日本では、トランスジェンダー女性やトランスジェンダー男性が性別変更をする際、「生殖腺がないこと」などの手術要件やいくつかの条件がある。

幸さんは「手術にもお金がかかるし、痛いのも嫌。そこにお金をかけるなら、旅行に行くか、好きな店にたくさん飲みに行きたい」と笑った。

20代でホルモン治療もしたが、背中がかゆくなったり、イライラしたりという副作用が強く、2週間に一度、通院するのも大変で数カ月で辞めたという。

しかし、今でも鼻の下のヒゲはうっすらと生えている。

「これ、めっちゃヒゲ生えているように見えるでしょ?でも実は、うっすら生えてるだけで、メイクで上から足してるんです」

幸さんは、笑いながらそう話した。通っている美容院で、美容師にヒゲを描くことを提案され、以来、描いているが、メイクで足しているとはバレたことはあまりないという。

「一般社会に『普通に』いることが役割」

Sumireko Tomita / BuzzFeed

幸さんはミュージカルなど舞台に立つことも多く、人前で話すことも得意なため、これまでトランスジェンダー男性としての経験などを、学校などの授業や講演会で話す機会も多くあった。

しかし、最近はそういった活動からは遠のいている。「需要があるみたいだから、またトークライブでもやろうかな」と言う一方で、「一般社会に普通にいることが、自分の役割」とも話す。

「LGBTの活動家の人とかもいるけど、自分は普通にみんなの周りにいることが役割だと思っています」

Sumireko Tomita / BuzzFeed

2019年10月には、杉並区阿佐谷に立ち飲み居酒屋をオープンし、店長として日々カウンターに立つ。

「講演とかの活動をしている時は(LGBTなどに)興味がある人に出会う方が多い。『役割』の違いだけど、一般社会の中に普通にいたら(トランスジェンダーがいることが)普通になる」

取材後、立ち飲み店にやってきた常連客に幸さんは「俺以外に周りでLGBTの人っている?」と尋ね、常連客は「いないかも」「いるのかもしれないけど幸さんしか知らない」と答えていた。

幸さんは、語る。

「自分たちの友人にとって初めて出会うセクシュアルマイノリティかもしれない。だから、その時に『普通じゃん』って思ってもらうことが大事。そういう『ご機嫌なやつ』で自分はいたい。そうしたら、LGBTに対する差別や偏見とかもなくなると思うんです」

🏳️‍🌈🏳️‍🌈🏳️‍🌈🏳️‍🌈🏳️‍🌈

世界各地でLGBTQコミュニティの文化を讃え、権利向上に向けて支援するイベントなどが開催される毎年6月の「プライド月間」。BuzzFeed Japanは2020年6月19日から、セクシュアルマイノリティに焦点をあてたコンテンツを集中的に発信する特集「レインボー・ウィーク」を実施します。

【配信中】オトマリカイ@ BuzzFeed News Live あなたのお悩み一緒に考えます🏳️‍🌈 LGBTQの当事者から寄せられた相談について、りゅうちぇるさん(@RYUZi33WORLD929)&ぺえさん(@peex007)と一緒に考えます。 視聴はこちらから👇 #PrideMonth #虹色のしあわせ🌈 https://t.co/H3uXcYtszu

特集期間中は、ハッシュタグ「#虹色のしあわせ🌈」を活用し、さまざまな記事や動画コンテンツのほか、LGBTQカップルや当事者から様々な相談を募集し、自分らしく活躍するゲストと一緒に考えるライブ番組を配信します(視聴はこちらから)。

BuzzFeed Japan



Contact Sumireko Tomita at sumireko.tomita@buzzfeed.com.

Got a confidential tip? Submit it here