アメリカ人セレブ発表の「Kimono」というブランド名が、世界で批判を呼んでいる理由

    米国人セレブリティのキム・カーダシアンが発表した下着ブランドが「Kimono」と命名され、文化の盗用との批判が集まっています。

    米国人セレブリティのキム・カーダシアンさんが6月25日夜(米国現地時間)に発表した新しい補正下着ブランドの名が、議論を呼んでいる。

    新ブランドの名は「Kimono(着物)」。多様性をテーマにしており、賞賛の声がある一方で、その名前で商標登録を申請していることもあり、「文化の盗用」という批判が広がっている。

    カーダシアンさんが発表したのは、様々な肌のトーンに合わせた9色の補正下着で、サイズもXXSから4XLまで幅広く揃えているという。

    
Twitter上では「これなら私の肌の色にも合う」「こんな下着が出るのを待っていたの」という声も多く見受けられた。

    一方で「Kimono」という命名に対しては、各方面から批判や疑問の声が上がっている。

    発表直後からTwitterでは「全く着物に見えないものに対し着物と命名するのは日本文化に対して失礼」「着物は下着でない」などという批判が相次いだ。

    「文化の盗用」とは、本人の出身や所属とは違う国・地域の文化や伝統を、自己流に利用したり、盗用したりすることを意味する。

    米国などでは、著名人が他国の民族衣装を模した衣装を舞台などで着用し問題となっているが、著名人だけでなく、ハロウィンイベントで海外の伝統衣装を模したデザインのコスチュームを着ることなども問題視されている。

    Twitter上では「Kimono」とカーダシアンさんのキムという名前や落胆の心情を掛けて「#KimOhNo」(キム、オー、ノー)というハッシュタグも誕生し、ユーザーが日本の着物の写真を掲載、「これが本物の着物です」というメッセージを送っている。

    Finally I can share with you guys this project that I have been developing for the last year. I’ve been passionate about this for 15 years. Kimono is my take on shapewear and solutions for women that actually work. Photos by Vanessa Beecroft

    @KimKardashian

    カーダシアンさんはtwitterで次のように述べた。

    「遂に昨年からずっと取り組んできたプロジェクトを発表できます。これは私が15年くらい実現を夢見ていたもの」

    「私も補正下着をつけるときは、自分に合うように切ったりしないといけなくて、それに自分の肌の色に合うものがなかなか見つからなかった。私たちはこのような問題に対して解決策が必要だったんです」

    色やサイズの多様性に合わせた補正下着への情熱を語る一方で、Kimonoという名前をつけた理由などは説明されていない。

    米国を始めとする各国のメディアでは、相次いでこの件について「文化盗用」という批判論調での記事が上がっている。

    Jeff Kravitz / FilmMagic

    キム・カーダシアンさん

    米国のサンフランシスコ在住の日本人クリエイター大石結花さんはBuzzFeed Newsの取材に「着物や日本文化への配慮が全く感じられません」と、問題点を指摘する。

    「(カーダシアンさんは)日本ではあまり馴染みがないかもしれませんが、フォロワー数からも分かるように、膨大な影響力と財力を持っています」

    実際、カーダシアンさんのインスタグラムのフォロワーは1億4000万人いる。大石さんはさらに、Kimonoという名前で商標登録を申請していることについて、こう懸念した。

    「商標登録が却下されたとしても、ブランド名として浸透すれば、Kimonoと聞いて日本の着物ではなく、このブランドを思い浮かべる人が確実に出てきます。もし却下されなかった場合、着物ブランドがアメリカでKimonoという言葉を使って商品を売ったり、マーケティングしたりすることができなくなります」

    「人種的マイノリティーの文化の表層だけを切り取り、都合よく使うことに問題があります。米国の現代のポップカルチャーの中心人物のひとりが、Kimonoという言葉だけを使い、商品を売ることはおかしい」と話した。

    カーダシアンさんは2018年3月に、「芸者の女の子」という日本語のキャプションが添えられた、日本訪問時に撮影されたとみられる写真もインスタグラムに掲載している。

    日本の伝統文化としての着物について知っていたとみられる。その上で今回、日本文化とは関係のない下着にKimonoと命名したことにも批判が集まっている。

    もう一つのツーショット写真には "A dream come true"(夢が叶った)とのキャプションも添えられていた。

    BuzzFeed Newsは、カーダシアンさんの事務所に対し「Kimonoという名前にした理由」と「それが文化の盗用になったり、議論になることを考えたか」の2点について問い合わせている。

    Contact Sumireko Tomita at sumireko.tomita@buzzfeed.com.

    Got a confidential tip? Submit it here