「怒りや憎しみで何を解決できるの」浅草でフリーハグをした韓国人女性の思い

    浅草で、日韓友好のためにフリーハグをした韓国人女性がいます。

    浅草で日韓友好のためにフリーハグをした1人の韓国人女性がいる。

    昨年9月から日本にワーキングホリデーで滞在していた、スヨンさん(25)だ。

    Koichi Kuwabara

    動画は、このようなスヨンさんの思いで始まる。

    「最近の韓国では、日韓友好を声に出して言えない雰囲気が漂っています。でも、私はそんな雰囲気を変えたい。今私たちが感じている怒りや憎しみで何を解決できるでしょうか?」

    スヨンさんに、日韓友好やフリーハグにかける思いを聞いた。

    YouTubeでこの動画を見る

    youtube.com

    8月、スヨンさんは韓国の伝統衣装を身につけ「私は韓国人です。一緒にハグしませんか」「Free Hugs みんな大好き」と書かれた紙を持って、浅草の路上に立った。

    フリーハグをするために、韓国・大邱にある実家からチマチョゴリ(韓服)を郵便で送ってもらったという。その際、両親と話すと、特に父親は「両国関係がこんな状態なのに」と心配し、フリーハグ実行も反対されたという。

    日本でも実際に、毎日ニュースや雑誌で嫌韓を煽るような内容が目立っていた。スヨンさんは2015年から日本や韓国で何度もフリーハグをしてきたが、今回はそのような状況もあり「少しは不安だった」。しかし、そのような思いは実際に路上に立つと、消え去った。

    多くの人が日韓友好のために笑顔でハグに応じてくれ、「こんな状況なのにありがとう」「危ないのに、気をつけてね」と優しく声をかけてくれたという。

    Koichi Kuwabara

    「なんでここまでになってしまったんだろうと悲しく思います。でも、だからこそフリーハグをやろうと思いました」

    日韓関係についてスヨンさんはそう、BuzzFeed Newsに語った。

    すでに他界しているが、スヨンさんの祖母は日本出身だという。そのような理由もあり、中学の際に必修科目だった第二外国語で日本語の学習を始め、次第に日本が好きなっていった。

    大学生では静岡の大学に1年間留学し、その後も日本に戻りたいと思い、昨年9月からワーキングホリデー制度を利用して沖縄・宮古島で働いていた。

    現在は、日本の大学院に進学するために、故郷・大邱に戻って勉強しているという。大学院では日韓関係について学び、将来は日韓や東アジアの架け橋となるような仕事をしたいという。

    Koichi Kuwabara / Via youtube.com

    2016年11月、心斎橋の「反韓デモ」の隣でしたフリーハグ

    スヨンさんは、世界各国でフリーハグをしている日本人男性、桑原功一さんと共に2015年末、京都で初めてフリーハグを行なった。同年は日韓の国交正常化50年の節目だったが、その頃も日韓関係は「過去最悪」と言われていた。それでも、多くの人がハグをしてくれた。

    その後もスヨンさんはフリーハグを継続しており、2016年には大阪・心斎橋で、「反韓デモ」の隣の通りで実施。「信頼」を表現するために目隠しをし、ポスターには「私は韓国人です。今日、隣の通りでは、ヘイトデモが行われています。でも私はあなたを信じます」と書いた。

    Koichi Kuwabara

    心斎橋でフリーハグをするスヨンさんの後ろを通る反韓デモ

    毎回、多くの人がハグをしてくれ、温かい言葉をかけてくれるが、中には歴史や政治について、きつい口調でスヨンさんに言ってくる人もいたという。

    一方で、「韓国が嫌い」「反韓」と言ってくる人でも、スヨンさんのフリーハグの活動で歩み寄りをみせてくれた人もいた。ある日本人男性はスヨンさんのハグの動画を見て、スヨンさんにメッセージを送信したという。

    メッセージには「私が韓国が大嫌い」と書かれていたが、スヨンさんの活動を応援したいという内容で、その後、スヨンさんがハグを行なった際には、実際に会いに来てくれ、応援の手紙までくれたという。

    やはり、男性はまだ韓国政府については好感を持っていないというが、人と人の交流は別だ。今では、スヨンさんは親しみを込めて、その男性を「お父さん」とよんでいるという。

    Koichi Kuwabara

    さらに、フリーハグの活動は、スヨンさんのもっと身近な人の考えまで変えた。スヨンさんの両親だ。

    スヨンさんによると、両親はもともと、政治や歴史的な問題から「日本が好きではなかった」という。しかし、「危険だ」と反対しながらも、スヨンさんがフリーハグの活動をしたりしている姿を見て、日本に住むスヨンさんに会いに来てくれたりしたという。

    Koichi Kuwabara

    国単位で見て、その国が嫌い、その国の人が嫌いという人は「その国の人に会ったことがなかったり、その国の友達がいない人が多いのではないでしょうか。直接会って経験することで変わる人もいます」。スヨンさんは、フリーハグを続ける理由をそう語る。

    フリーハグは「一番簡単な平和構築手段」

    スヨンさんが登場するフリーハグの動画の多くを撮影したのが、世界各国でフリーハグを続ける、桑原功一さん(@freehug4peace)だ。

    今回、浅草で撮影をした桑原さんは、スヨンさんのハグについて「彼女がこうやって行動を起こしてくれることによって、韓国人でも日韓友好を願い行動を起こしている人が実際にいるということを知ってもらいたい」と話す。

    桑原さんは「今の日韓関係のニュースを見ていると『韓国人は日本人のことが嫌いなんだな』と日本人はつい思いがちです」と指摘。しかし韓国人であるスヨンさんがハグを路上で行い、その姿を動画を通して見てもらうことで「その誤解を解くことができる一助となるのではないかと思います」とした。

    YouTubeでこの動画を見る

    youtube.com

    桑原さんが8月、ソウルでの「NO安倍」デモで行なったフリーハグの映像

    各国でフリーハグを行う桑原さんは、8月、ソウルで行われた「NO安倍」デモでフリーハグを行なった。ハグをした際に置かれたポスターには、韓国語でこう書かれた。

    「今、NO安倍集会が行われています。日本では、これが反日デモと報じられ、韓国人全員が日本人を嫌いと思ってしまう人もいます。しかし、私はそうは思いません」

    「日本には日韓友好を願う多くの市民がいます。韓国にも日韓友好を望む多くの方がいると思っています。私はみなさんを信じます。みなさんは私を信じてくれますか?もしそうなら、ハグを」

    動画には桑原さんをハグする多くの集会参加者の姿が写っている。

    桑原さんはフリーハグについてこう話す。

    「フリーハグは誰でもできて、今すぐに始められる一番簡単な平和構築手段だと思います。今の世の中、人々を分断するような活動や憎しみを煽るような活動が増えているような気がします」

    「 私はどうすれば仲良くなるか、一緒に笑いあえるか、繋がりあえるかを考え、この活動を続けていこうと思います」