• borderlessjp badge

「もう、終わらせないといけない」私たちが今日、渋谷の街を歩いた理由。

様々な国出身の人々が「#BlackLivesMatter(黒人の命は大切だ)」と声をあげ、人種差別反対を訴えるマーチが東京・渋谷でありました。

「黒人の命は守るべきだ」「差別をやめよう」

東京都内・渋谷で6月14日午後、様々な国出身の人々がシュプレヒコールをあげ、人種差別に反対するマーチを実施した。

アメリカのミネアポリスで、アフリカ系アメリカ人のジョージ・フロイドさん(46)が、警察官に首を膝で押さえつけられ死亡した事件から約3週間。全米各地だけにとどまらず、世界各国で「#BlackLivesMatter(黒人の命は大切だ)」と訴える抗議活動が広がっている。

Sumireko Tomita / BuzzFeed

午後3時、小雨が降る渋谷の代々木公園に集まった人々は、思い思いの「訴え」が書かれたプラカードを掲げ、公園通りを下り渋谷駅前のスクランブル交差点や明治通りを通り、原宿まで約1時間ほどのルートを歩いた。

主催者によると、この日実施されたマーチは、関東在住のアメリカ人や、日本人らによって運営された。

アメリカでジョージ・フロイドさんの死亡をめぐり各地で大規模な抗議が展開される中、日本在住のアフリカ系アメリカ人らでも、「声をあげよう」と話し合いはじめたことがきっかけだ。

数人規模での抗議を始め、日本でも大規模なマーチ実施について話し合い、東京と大阪での実施を決めたという。

Sumireko Tomita / BuzzFeed

もともとは500人規模を予定していたが、主催者によると約3500人がマーチを歩いた。午後3時に出発したマーチが1時間後、代々木公園に戻って来ても、まだ出発していない参加者もいた。

新型コロナウイルスの感染予防対策で、参加者はマスクを着用してマーチを歩いた。

Sumireko Tomita / BuzzFeed

マーチに参加したカメルーン出身の大学生、ムブモド・ノォフス・ハンフリー(24)さんは「世界中の黒人などの殺害をとめてと主張するために参加しました」と話す。

「黒人などへの人種差別の問題に関しては、本当に長い間闘ってきた問題です。もう終わらせないといけません。今年を最後にしなければいけない」

「大学の日本人の友人ともこのことについて話します。今回、各国の人たちが集まって、人種差別のために闘ってくれているのは本当に喜ばしいことです」

Sumireko Tomita / BuzzFeed

「差別はここ、日本でも起きている」

「#BlackLivesMatter」に連帯する抗議行動は、アメリカから遠く離れた国々で実施されている。

日本でも、東京だけでなく大阪や沖縄で実施された。

アメリカ国外での実施にはネット上などで「なぜアメリカでの人種差別について日本で抗議をするのか」などという声も見受けられる。

マーチ実施の発起人で運営メンバーでアメリカ出身のシエラ・トッドさん(19)は、日本でこのマーチを実施する理由について、BuzzFeed Newsにこう語った。

「世界各国で抗議の声を上げることは、アメリカで起きていることに対しプレッシャーをかけることになります」

また、アメリカ社会に向けてのメッセージという意義のほかに、日本国内に向けても伝えたいことがあるとした。

「アメリカに向けて声を上げるということに加え、日本でも人種差別の苦闘があると思います。そのことについても問いかけたいと思うのです」

Sumireko Tomita / BuzzFeed

シエラ・トッドさん(左)

この日のマーチの中で、掲げられたプラカードには「Discrimination also happens here, Japan(人種差別はここ、日本でも起きている)」という言葉があった。

アメリカだけでなく、日本でも、アフリカ系アメリカ人やアフリカ出身者への差別は起きているとマーチ参加者は訴えかけた。

Sumireko Tomita / BuzzFeed

マーチに参加した、コンゴ共和国と日本出身の両親をもつ男性(21)は、「肌の色や髪型について、街を歩いていても『あいつやばくね?』などと言われます。普段生きているだけでいつも視線も感じます」と話す。

「日本に差別がないという人は、このマーチの人々の声を聞いて、日本にも差別があると気づいてほしい。僕は『周りと違う』というだけで、街中で色々言われたりします」

「もし皆が、今日デモを歩いている人と同じような考えを持っていたら、僕もそのような(差別の)経験はしなかったと思う。マーチを歩き、少しでも何か変わるならと思って来ました。もし変わらないなら、今後も歩き続けたい」


ご意見を募集しています

📣BuzzFeed Newsでは、LINE公式アカウント「バズおぴ」(@buzzopi)で、読者の皆さんのご意見を募集しています。

日々の暮らしで気になる問題やテーマについて、皆さんの声をもとに記者がニュースを発信します。

情報や質問も気軽にお寄せください🙌LINEの友達登録で編集部と直接やりとりもできます。様々なご意見、お待ちしています。

友だち追加

UPDATE:主催者が参加人数を発表したため、人数を更新しました。



Contact Sumireko Tomita at sumireko.tomita@buzzfeed.com.

Got a confidential tip? Submit it here