コービー・ブライアントに送られた力強い言葉と歌に会場が涙

    グラミー賞授賞式で司会をつとめた歌手のアリシア・キーズが、26日に亡くなったコービー・ブライアントに向けてパフォーマンスしました。

    米ロサンゼルスで1月26日(現地時間)、グラミー賞の授賞式が開かれた。しかし、この日朝、コービー・ブライアントと娘のジアーナがヘリ墜落事故で亡くなったことが、多くの人々の心に影を落としています。

    Christian Petersen / Getty Images

    しかも、グラミー賞の授賞式が開かれたのは、ステイプルズ・センターです。LAレイカーズの本拠地で、ブライアントが選手として20年間を過ごし、「自分の家」と呼んだ場所です。

    Christian Petersen / Getty Images

    司会を務める歌手アリシア・キーズは、ステージに上がり、伝説のアスリート、コービー・ブライアントについて力強くスピーチしました。

    "We're standing here heartbroken in the house that Kobe Bryant built," host Alicia Keys says #GRAMMYs https://t.co/k6dOKYyZEH

    「司会のアリシアは『私達はコービー・ブライアント氏の悲しいニュースに心を痛めています』と語りました」

    「私たちは今日、音楽業界で最大の栄誉の場で、最高のパフォーマンスをするアーティスト達を祝福するために集まっています。しかし、正直に言うと、私たちは皆、頭がおかしくなりそうなほどの悲しみを感じているのです」

    Emma Mcintyre / Getty Images

    「今朝、ロサンゼルス、アメリカ、そして全世界が英雄を失ったためです。そして私たちは今、コービー・ブライアントが築き上げたこの『家』に立ち、胸を痛めています」

    Kevin Winter / Getty Images

    「今、コービーと娘のジアーナ、そして今日悲劇的に亡くなられた方々は皆、私たちの魂の中にいます。彼らは私たちの心の中にいて、私たちの祈りの中にいます」

    Harry How / Getty Images

    「そして、皆さんには心の中で彼らのことを想って欲しいと思います。彼らを想ってください。そして私たちの力と支援をご家族に捧げましょう」

    「グラミー賞の幕開けがこのようなものになるとは思いにもよりませんでした。想像だにしませんでした。そこで私たちは、今の気持ちを少しでも表現するために何かをしたいと考えました」

    Emma Mcintyre / Getty Images

    次の瞬間、ボーイズIIメンがアリシア・キーズが立つステージに上がり、彼らの楽曲「グッバイ・トゥ・イエスタディ」をアカペラで披露しました。

    Robyn Beck / Getty Images

    力強いパフォーマンスはこちらから。

    "We love you Kobe." @aliciakeys and Boyz II Men sing in tribute to Kobe Bryant and his family at the opening of the #Grammys https://t.co/kk0nIau0ee

    「『私達はコービーを愛している』。アリシアとボーイズIIメンのメンバー達は、グラミー賞の開会式でコービーとその家族に歌を捧げました」

    この記事は英語から翻訳・編集しました。