back to top

犬のように大きなウサギの飼い主、募集中

要・特大のウサギ小屋

これは、小さな犬くらいのサイズに成長したウサギだ。現在、飼い主を募集中している。

Scottish SPCA / Via Facebook: scottishspca

スコットランドの動物愛護協会は、生後7か月のコンチネンタル・ジャイアント・ラビット「アトラス」を現在保護中だと発表した。

協会のマネージャー、アナ・オドネルは、このウサギはさらに大きくなるという。

「アトラスはとても人なつこいウサギで、人にかまってもらったり、抱っこしてもらうのが大好きです」と彼女は話す。「とても好奇心旺盛なオスで、そのワンパクな性格がみんなを笑顔にしてくれます」。

彼が協会に保護されたのは元の飼い主が世話をできなくなったからだ。

協会によると、彼の新しい飼い主は「広いスペース」を用意しなくてはいけない。

「アトラスには正しい飼育知識のある飼い主が必要です。これまでにコンチネンタル・ジャイアント・ラビットを飼ったことのある人が理想的です」とオドネルは言う。

協会がアトラスの写真をFacebookに掲載すると、大勢が彼に夢中になった。

アトラスと同じコンチネンタル・ジャイアント・ラビットのダリウスというウサギは、昨年約22キロの体重を記録した。

YouTubeでこの動画を見る

youtube.com

早く彼に広い裏庭のある家が見つかりますように!

Scottish SPCA