「ママ、部屋に何かいる!!!」家族が翻弄されたアイツの正体とは

    私たちが信じるまで、このフクロネズミが子どもの部屋に3日間潜んでいた。

    Courtesy of Caitlin Burch

    ケイトリン・バーチは、7歳と10歳の娘を持つ母親だ。オハイオ州のコロンバス北部に住む。彼女は、オハイオ州の田舎だと自嘲した。

    しかし、自らは決して「田舎娘」ではないと語る。

    「私はとても都会的な女性なんです。野生動物なんてまっぴら」

    昨夏、バーチの家族は、思いがけないところで野生動物と遭遇した。ツイッターに投稿したところ、一躍話題となった。BuzzFeed Newsがバーチを取材した。

    始まりは娘達が、夫のブライアンと彼女のところに駆け寄り、「部屋に何かいる」と言ったことだという。

    「娘達は、『動物』とか『ネズミ』と言っていました。7歳の次女は、部屋に何かいると言い張って、自分の部屋で眠ろうとしませんでした。私たちは、彼女にもしゲストルームで寝たければ、それでいいと話しました」

    バーチは夫とともに子供たちの部屋を確認した。しかし、何も見つからなかった。娘達には、何もないよと話した。しかし彼女は、ネズミかもしれないと思い、罠をいくつか仕掛けておいた。

    数日後、夫のブライアンが確認したところ、娘達が正しかったことが証明された。

    その動物とは、フクロネズミのことだった。娘達の部屋に3日間、潜んでいた。

    「フクロネズミは、クローゼットにぶら下げたドレスの中で這っていました。首元から顔を出してこちらの様子を伺っていました」

    娘達の報告は正しかったのだ。

    「後になって、部屋の異変に気が付きました。いくつかのおもちゃはひっくり返され、ドッグフードはなくなり、いつもと違うことが起きていました。犬が一日中家にいるからといって、ずっと音を立てているわけがなかったんですよね」

    バーチの夫は、2時間かけて、フクロネズミを自然に追い返した。

    Courtesy of Caitlin Burch

    米人気モデルのクリッシー・テイゲンが、娘のハムスターが姿を消したため、ピーナッツバターを餌に探し出そうとしていることをツイートした。

    バーチは、フクロネズミの話で応えたところ、あっという間に広まった。

    @chrissyteigen Hi this possum was living in my children's bedroom for 3 days before we believed them.

    「私たちが信じるまで、このフクロネズミが子どもたちの部屋に3日間潜んでいた」

    こんな反応は全く期待していなかったが、家族は喜んでいるそう。

    「娘達とは今でも笑い話になっています。次に入れるタトゥーはフクロネズミかオポッサムね、なんて話しています。私にとって、どっちだったかなんて区別がつかないから」

    最後に彼女は付け加えた。「娘たちがまた子供部屋で寝てくれていることに感謝しなくちゃね」

    この記事は英語から翻訳・編集しました。翻訳:藤原哲哉