養子だったことがあまり知られていない、海外の有名人たち

    結構たくさんいるね

    1. マリリン・モンロー

    en.wikipedia.org / Via imdb.com

    マリリン・モンローは、夫に先立たれた母に捨てられた。子ども時代の大部分を児童養護施設で過ごした。

    2. デイブ・トーマス

    en.wikipedia.org / Via en.wikipedia.org

    デイブ・トーマスはハンバーガーチェーン「ウェンディーズ」の創業者。6歳の時に養子になった彼は、養子縁組のための基金も設立した。

    3. ビル・クリントン

    en.wikipedia.org / Via en.wikipedia.org

    ビル・クリントンは夫に先立たれたの母のもとに生まれ、子どもの頃に祖父母に引き取られた。彼はアメリカの歴史上2人しかいない、養子である大統領だ。もう1人はジェラルド・フォードだ。

    4. ジョン・レノン

    allposters.com / Via en.wikipedia.org

    ジョン・レノンの父親は商船に乗っている時に音信不通になり、母親は彼の面倒を見ることができなくなった。ジョンは叔母の養子になった。

    5. イングリッド・バーグマン

    en.wikipedia.org / Via imdb.com

    「カサブランカ」のスターは、13歳の時に叔母のところに引き取られた。

    6. ネルソン・マンデラ

    Getty Images

    父親が亡くなった後、ネルソン・マンデラは9歳の時に、テンブ族の摂政ジョンギンタバ・ダリンディエボの養子になった。

    7. ベーブ・ルース

    en.wikipedia.org / Via howstuffworks.com

    1895年にジョージ・ハーマン・ルースとして生まれた通称ベーブ・ルースは、7歳の時に孤児院に送られた。

    8. マイケル・ベイ

    collider.com / Via variety.com

    「トランスフォーマー」の映画監督。子どもの頃に養子になり、幼少期を血のつながった母親を探して過ごした。ベイは本当の父親をはっきりとは知らないものの、スティーブン・スピルバーグとジェリー・ブラッカイマーから「クリエイティブなDNA」を受け継いだと、冗談で語っている。

    9. サラ・マクラクラン

    en.wikipedia.org / Via en.wikipedia.org

    サラは、生後すぐに、アメリカ人の夫婦の養子になった。

    10. トルーマン・カポーティ

    en.wikipedia.org / Via en.wikipedia.org

    「ティファニーで朝食」の作者。まだ8歳だった頃に、母親の親戚に引き取られた。

    11. スティーブ・ジョブズ

    en.wikipedia.org / Via telegraph.co.uk

    スティーブ・ジョブズの血縁上の父は、シリア人ムスリムのアブドゥルファター・ジャンダリだった。ジャンダリの当時の彼女はジョアン・シーブルで、彼女の両親が異宗教間の関係に反対したため、スティーブ・ジョブズは生まれた時にポール・ジョブズとクララ・ジョブズの養子になった。

    12. エドガー・アラン・ポー

    en.wikipedia.org / Via en.wikipedia.org

    エドガー・アラン・ポーは1809年に生まれた。しかし彼の母は妊娠して1年後に亡くなった。彼の父親も家族を捨て、エドガーはバージニア州の別の家族と一緒に生活することになった。

    13. ジェイミー・フォックス

    en.wikipedia.org / Via Jamie Foxx Mencium Piala Oscar Miliknya / rollingout.com

    ジェイミー・フォックスは幼い頃に母方の祖父母に引き取られた。面白いことに、ジェイミーの母親も養子だった。

    14. エレノア・ルーズベルト

    en.wikipedia.org / Via en.wikipedia.org

    エレノアの母親は1882年に亡くなり、父親は2年後に死亡し、養祖母と一緒に暮らすことになった。