Sponsored

【あるある】女子にふりかかる夏の怖い話

「今年こそは絶対焼きたくない」って人〜!

1. 夏の開放感→翌日の悲劇

2. 「夏の思い出」じゃすまされない足元

3. 日焼け止めの「適量」を間違う。

4. 首と顔が別人になる。

5. 本気で対策するほど、オシャレとは程遠くなる。

日焼けしたくない女子にふりかかる恐怖。 夏の日焼けが気になる…!という人に見てほしいのがこのページ

あなたの性格や価値観を入力していくと、この夏の日焼け具合を診断してくれちゃいます。

さらに!診断を楽しんで、大手コスメメーカーのサンスクリーン(日焼け止め)商品の開発モニターに参加してみませんか。あなたの意見が商品開発に生かされるかも🙌

参加者は指定の商品を使ってみた感想をチャットで伝えると、商品購入費と謝礼として、もれなく2500円分のAmazonギフトカードがもらえちゃいますよ😍

Illustrations by Emi Tulett / BuzzFeed