back to top

2017年、勇気を持って声をあげてくれたティーンエイジャーたち

勇気を持って、社会に訴えてくれた

@lustdad

アメリカ、ヒューストンの学校に通う高校生のアーロン。BuzzFeed Newsに対し、「過去に同性愛嫌悪者との間に問題が起きたことがあり」Tシャツを買ったという。

「今乗り越えましたが、ゲイなので、いじめの被害者になってきました。このシャツを見た時に、書いてあったメッセージを見て驚きました」とアーロンは購入理由を語る。

広告

3. ラブラブすぎて自身の写真でカードを作ったカップル

4. プロムの誘い方が素敵すぎるクィアの高校生たち

Instagram: @weirdlyhot

「この世で一番美しい野獣さん、ゲストとなってプロムに行ってくれませんか?」

野獣...ゲスト...って、「美女と野獣」に出て来そうな言葉!

広告

5. 自身が通う教会の集会でスピーチをし、レズビアンだとスピーチをした12歳のサバンナ

Facebook: video.php

モルモン教の集会にて「ありのままの自分になることで、私が無礼な罪を犯しているとは思いません」とスピーチを始めたサバンナ。2分経過した時に教会の職員がマイクの音声を切り、スピーチが中断された。

@sonnislove

この反応をとった理由として「誰かがありのままになれるようににインスピレーションを与えることができたり、世の中の人に学んでもらうことができるならば、私自身が差別の標的になっても構わないです」というソニス。

「個人的な意見ですが、このツイートはただの気晴らしのために、トランスフォビックのコメントを求めていたのだと思います」とBuzzFeed Newsに語るソニス。「だから、自分のために立ち上がることにしました」

7. 過去の写真と比べ「大人になった」とツイートしたケイトリン

@caitlincrowley_

1年生の時と、最終学年。これは大人になったってこと???

1年生の時には公にカミングアウトしていなかったケイトリン。1年生の時は、男の子と学校のダンスパーティーに行ったそう。最終学年のプロムには、彼女と参加できたみたい。

広告

8. クィアの子どもたちのためのサマーキャンプの参加者たち

Facebook: video.php

クィアの子どもたちが、自己表現、自己発見できる場として用意されたサマー・キャンプ。アメリカのノースカロライナ州で行われた。

9. BuzzFeedがアメリカで開催したクィア・プロムに参加してくれた高校生たち

YouTubeでこの動画を見る

youtube.com
広告

10. そして、カミングアウトした全ての人

Facebook: video.php

SNS上でも様々な動きがあった今年。

この記事は英語から翻訳されました。

この記事は、BuzzFeedコミュニティのメンバーにより作成されました。投稿の内容はBuzzFeed編集部による監修や承認を受けていません。コミュニティに関する情報を見る(英語)