減量して「扱いが変わった」。プラスサイズ女優がダイエット後の経験を語る

    「前よりも痩せた今、私の荷物を持とうとしてくれる人もいるし、ドアを開けておいてくれる人もいる。みんなはいつもそうなの?」

    『ピッチ・パーフェクト』シリーズや『キャッツ』で知られるオーストラリア出身の俳優、レベル・ウィルソンが昨年夏、SNSでダイエットを宣言しました。

    それ以来、SNSにトレーニングの様子やダイエットの進捗を投稿していました。

    Rebel Wilson / Via Twitter: @RebelWilson

    「ものすごく "タイヤ" ード、ってね😉」

    そして昨年11月、期限より1カ月も早く目標体重を達成!👏約20キロの減量に成功しました。

    体重計の写真を、インスタグラムに投稿しています。

    Rebel Wilson / Via Instagram: @rebelwilson

    「数字だけが大切なわけではないけれど、健康は大切。75キロが、私にとっては現実的な数字だった」

    「サポートしてくれたみんなに感謝!」

    今年の1月下旬、レベル・ウィルソンはラジオ「ザ・モーニング・クルー」にゲスト出演し、ダイエットの経験について語りました。

    「自分の体がどのサイズでも、素敵だと思っていたいの」「(ダイエットをしたのは)自信がなかったからではないし、(ダイエットをしたから)今自信があるわけでもない。いつも私は自分に自信を持っています」

    「それより興味深く感じたのは、他人からの扱われかたが変わったこと」

    社会的な「美の基準」に合うと、特別待遇される…?奇妙な世界のような話ですが、これが現実でもあります🙃

    Netflix

    容姿にかかわらず、人に親切にできたら良いですね。

    この記事は英語から翻訳・編集しました。 翻訳:髙橋李佳子