go to content

玄関開けたらシロクマがいた。 その正体は?

うちのシロクマ見に来ない?

株式会社ブラストは「Animals As Art」シリーズの第1弾として、シロクマ親子の受注販売を開始しました。

仲良く眠る、親子のシロクマ(ホッキョクグマ)。1体の制作に、8名体制で約3ヶ月を要するとだけあって、リアルな造形と質感です。

ふわふわの「毛」はハリウッドと共同開発したもので、頭部には1本づつ植毛されています。

また、外見だけでなく、骨格や筋肉のさわり心地も再現されています。

歯や歯茎もこんなにリアル!でも、剥製とは違い「一切の殺生を行わない美術造形材料」が使用されています。

気になるお値段は堂々の1340万円(親グマのみは890万円)。一気に現実に引き戻される価格ですが、ブラストに話を伺うと、すでに多くの問い合わせを受けているとのこと。

そして、売上の1%が環境保全団体のWWFジャパンへ寄付されます。

「美術品なので、飾ったり抱きついたり、好きなように楽しんでもらえれば」

今はシロクマの受注に忙しいそうですが、シリーズ次作品としてパンダやワニなどの製作も検討しているとのこと。

Every. Tasty. Video. EVER. The new Tasty app is here!

Dismiss