こんな名品あったの知ってた?無印の「モバイルバッテリー」は便利な機能が詰まってるんです

    無印良品の「USB用モバイルバッテリー・急速充電器付」は、急速充電アダプターとモバイルバッテリーを1台でこなす便利アイテム。持ち運ぶケーブルやアダプタが減るので、お出かけシーンで活躍します!

    無印良品にめっちゃ優秀なモバイルバッテリーが売ってるの、知ってました?

    Shunsuke Mori for BuzzFeed

    あまりガジェット系商品のイメージがない無印良品ですが、「USB用モバイルバッテリー・急速充電器付 MJ-PSMB1」はシンプルでかなり使えるおすすめ商品です。

    これ、折りたたみ式のプラグがついているんです。

    Shunsuke Mori for BuzzFeed

    つまり…そのままコンセントに挿せば、ケーブル要らずで充電できちゃう!

    Shunsuke Mori for BuzzFeed

    っていうか、そのままスマホも充電してOK!

    Shunsuke Mori for BuzzFeed

    そう、充電アダプタがわりにも使えるんです。

    特に旅行の時にはめちゃくちゃ便利。以前はスマホと一緒に充電アダプタも持っていかなきゃいけなかったけど…

    Shunsuke Mori for BuzzFeed

    iPhoneユーザーはモバイルバッテリーに充電するためのケーブルも持たなきゃいけないですね。

    今はこれだけで済むんです。すっきり!

    Shunsuke Mori for BuzzFeed

    例えば旅行中なら、日中はモバイルバッテリーとして使って、ホテルに帰ったらアダプターとしてスマホを充電して、バッテリーにも蓄電しておく…みたいな使い方ができるんです。

    USBの充電口は2つ。コンセントからの急速充電にも対応します。

    Shunsuke Mori for BuzzFeed

    ※コンセントからの出力で2.1A(2口同時使用の最大合計2.1A)、内蔵バッテリーの出力で3A(2口同時使用の最大合計3A)。

    ※5000mAh

    実はこれ、Ankerの人気商品「PowerCore Fusion 5000」と同じ型。

    Shunsuke Mori for BuzzFeed

    どちらもAnkerが製造していて、デザインも機能も同じです。

    筆者は左のAnkerのものをずっと愛用しているのですが、無印のものはロゴがないぶんシンプル。

    ちなみに価格も無印良品は2990円、Ankerは2899〜3099円(カラーによる)とほぼ同じです。

    毎日持ち歩くものだから、ミニマルなデザインは良いですね。

    Shunsuke Mori for BuzzFeed

    ちなみに、microUSBケーブルとケーブルバンドがついています。

    Shunsuke Mori for BuzzFeed

    個人的には、ケーブルバンドが気に入っています。カバンの中でバラバラにならず便利!

    Shunsuke Mori for BuzzFeed

    普段モバイルバッテリーを持ち歩く人、カバンの荷物を減らしたい人におすすめです。

    近くに無印良品の店舗がない場合や外出を控えている場合は、無印良品のオンラインショップでも購入できますよ。

    便利さ ★★★★★

    デザイン ★★★★★

    コスパ ★★★★☆

    カバンの中をスッキリさせてくれるガジェットといえば、Ankerのケーブル「PowerLine II 3-in-1」もおすすめ!

    Shunsuke Mori for BuzzFeed

    microUSB・Lightning・USB-Cの3種類の端子がひとつになったケーブルです。先端を付け替えることで、異なるデバイスもこれ1本で対応します。

    あらゆるガジェットを充電できるって、安心感ある。

    Shunsuke Mori for BuzzFeed

    いろんな端子で使えるだけでなく、LightningとMicro-USB端子では急速充電にも対応しています。

    ヨドバシカメラのサイトで見たところ、値段は2030円でした。

    便利さ ★★★★★

    コンパクト ★★★★☆

    コスパ ★★★★☆