1分4円で乗り捨てOK! メルカリのシェア自転車がちょい乗りに便利そう

    2月27日から、福岡市内でスタート!

    メルカリの新サービスは「シェア自転車」

    merchari

    フリマアプリなどを展開する「メルカリ」が、新たな自転車シェアサービス「メルチャリ」の開始を発表しました。

    街中に自転車を気軽に乗り捨てできるシェア自転車は近年、中国やヨーロッパを中心に人気を集めています。

    サービスは2月27日、福岡市でスタート

    最初のサービス拠点に選ばれたのは福岡市。選定には、サポートのしやすさやフラットな地形が考慮されました。

    都心部を含め、他の地域への展開はまだ決まっていません。

    具体的に、どうやって使うの?

    merchari

    メルチャリを使うには「駐輪ポート」と呼ばれる専用の駐輪場を使います。

    サービス開始時点では、博多・天神・ウォーターフロントのエリアを中心とした50ポートに、400台が設置される予定。

    夏までには200ポート・2000台への拡大を目指しています。

    ポート数拡大のため、ファミリーマートやタイムズ24、ベスト電器など、13社との提携しているほか、個人や商店等の未活用の土地利用も進めていく予定です。

    必要なのは、メルカリのアカウントと専用アプリ

    車両にはGPSが搭載されているので、駐輪ポートや使える自転車の位置をひと目で確認できます。/merchari

    サービスの流れとしては

    (1)アプリで利用可能な自転車を見つける。
    (2)鍵をあけて、乗車する。
    (3)好きな駐輪ポートに駐車し、鍵をかける。

    という3ステップです。めっちゃシンプル!

    ロックはQRコードで簡単!

    Shunsuke Mori / BuzzFeed

    自転車を見つけたら、専用アプリでQRコードをスキャンするだけ!

    気になる料金は1分4円🙌ちょい乗りに便利そう!

    駐輪ポートの数が増えれば、最寄り駅・バス停から目的地までのちょい乗りに活躍してくれそうですね。

    ちなみに、デザインは結構かっこいい!😎

    Shunsuke Mori / BuzzFeed

    メルチャリの自転車は、メルカリをイメージさせる鮮やかな赤。

    シンプルなデザインで、電動アシスト機能は付いていません。

    ユーザーと一緒に作り、運営していきたい

    Shunsuke Mori / BuzzFeed

    メルチャリを運営するのは、メルカリの子会社・ソウゾウ。

    発表会に登壇した代表取締役の松本龍祐さんは、「『所有から共有へ移動がより自由に、ラクになる』という世界観を実現していきたい」と、意気込みを語りました。

    また、懸念されている放置自転車やメンテナンスなどの問題は、個人ユーザーの協力を得ながら対応したいと話しました。

    具体的には、放置自転車を移動したり、故障車を報告をしたりしたユーザーにはマイルが与えられ、メルカリのポイントやオリジナルグッズと交換できる仕組みなどを検討しているとのこと。

    実際に協力が得られるか、実証実験は行われていないものの、同社は「メルカリ」ユーザーが運営に協力的なコミュニティとして成り立ってきた前例もあり、希望的な仮説を持っているといいます。

    2018年は、シェア自転車がどんどん広がりそう!

    モバイクは札幌市で試験サービスを実施。(現在は積雪のため休止中)Mobike Japan

    国内のシェアサイクル事業としては、中国発のモバイク・ジャパンが昨年8月に札幌で試験サービスを開始(現在休止中)。12月には福岡市で数十台規模のソフトローンチを行いました。

    都内に導入されているドコモ・バイクシェアの車両。電動アシストが付いています。 Misato Nagoya / BuzzFeed

    また、ドコモ・バイクシェアは都内10区を含む全国の自治体と提携し、コミュニティーサイクルの実証実験を行っています。さらに、アパマンショップもシェアサイクル事業への参入を発表しました。

    サクッと乗って、好きなところで乗り捨てられる。そんな移動スタイルが、今年はもっと身近になりそうです。

    追記

    個人ユーザーの協力について、詳細を追記しました。