back to top

生ビールに飽きた人へ 古くて新しい激レア「熟成ビール」知ってる?

ワインのように楽しむビール

実際に飲んでみた

narumi / BuzzFeed

今回「熟成」されたのはサンクトガーレンが醸造する「ウン・アンヘル」と「エル・ディアブロ」の2種で、それぞれ大麦と小麦が使用されたクラフトビールです。

2種のビール、それぞれの経年変化を楽しめるセットを試飲してみました。

熟成による変化は予想以上!

Shunsuke Mori / BuzzFeed

▲色や濁り、泡の量など、それぞれの違いを五感で楽しめます。

計4本のビールを飲み比べると、それぞれの個性に驚かされます。特に熟成による変化は予想を超えるものでした。

「ウン・アンヘル」の2016年は豊かな苦味が特徴ですが、フルーティーな香りで飲みやすい。一方、15年ものは熟成によって苦味がかなりずっしりと感じられます。

「エル・ディアブロ」の2016年はIPAのような苦みとさわやかな香りを楽しめます。そしてこちらも熟成したものは、アルコールの強さをしっかりと感じる濃厚な味わいに変化していました。

濃厚でマイルドな味わいの熟成ビールは、肉料理などにもよくあうのだそう。

アルコール度数はすべて10%と強めですが、物によってはかなり飲みやすいため、気づくとかなり酔っ払っていそうで少しこわいです。