本当にiPhoneで撮ったの…? とあるアプリがやばすぎると話題

    「『プロっぽい』ボケ感を手軽に作れるようになったので、今まで以上に一見した描写に関しては、プロと素人の差異が無くなると思います」

    光の放射線と煌めきがすごい。冬の香りがする…この写真も

    @HaRu_Nus / Via Twitter: @HaRu_Nus

    Model : rin kumai(Instagram

    冬の寒さと女の子の繊細さが際立つこの写真も、すべてiPhone Xで撮影されています。

    @HaRu_Nus / Via Twitter: @HaRu_Nus

    Model: tsugumirun(Instagram

    撮影したのは、フォトグラファーのharu wagnusさん。

    撮影したご本人も「このボケ感、、えらい時代になった」と驚かれています。

    使ったのは、iPhone XとFocosというカメラアプリ。

    Xiaodong Wang / Via itunes.apple.com

    ボケ写真を撮影できるポートレートモード専用アプリです。使える機種は「Plus」シリーズと「iPhone X」。

    wagnusさんにコツを教えてもらいました。こんな風にアプリを使います。

    Shunsuke Mori / BuzzFeed

    ポートレートモードで撮影した写真をアプリで開くと、このように奥行きを確認しながら写真を編集できます。

    どこまでボケやエフェクトがかかっているか、感覚的にわかるのが凄い!

    撮った写真のピントを後から修正したり

    Shunsuke Mori / BuzzFeed

    せっかくポートレートモードで撮ったのに、あとで確認したら微妙にピントが合ってない......。そんな時も安心です!

    画面タッチで黄色いポイントを移動させましょう。

    ボケの強さ調整も簡単!

    Shunsuke Mori / BuzzFeed

    絞りの大きさはもちろん、形を変えることで、玉ボケや光芒の微妙な表現も演出できます。

    wagnusさんによると、「絞りの値、シェイプ、ハイライトなどをメインに調整する」と、本物のように近づくそうです。

    「この辺りは経験則から感覚的に作る感じがしましたが、とりあえず絞り値F2、シェイプ丸型、ハイライト明るめにすると、少し古いレンズのようになるので、さらにグルボケとかスパイス的に足すと本物っぽくなりますね」

    見せたいところに視線を集める1枚に

    Shunsuke Mori / BuzzFeed / Via http://

    例えば、こちらは適当に撮った孔雀の写真。ポートレートモードだけでもそこそこ綺麗に撮れますが、ちょっとボケ感が物足りません。

    絞りを大きくして近距離の彩度を上げると、鮮やかな尾羽根が際立ち、それっぽい写真に仕上がりました。

    Shunsuke Mori / BuzzFeed / Via http://

    例えば、こちらは適当に撮った孔雀の写真。ポートレートモードだけでもそこそこ綺麗に撮れますが、ちょっとボケ感が物足りません。

    絞りを大きくして近距離の彩度を上げると、鮮やかな尾羽根が際立ち、それっぽい写真に仕上がりました。

    Shunsuke Mori / BuzzFeed / Via http://

    例えば、こちらは適当に撮った孔雀の写真。ポートレートモードだけでもそこそこ綺麗に撮れますが、ちょっとボケ感が物足りません。

    絞りを大きくして近距離の彩度を上げると、鮮やかな尾羽根が際立ち、それっぽい写真に仕上がりました。

    プロの目から見ても「iPhone 8 plusとiPhone Xは、写真データの加工耐性がだいぶ良くなってる」

    @HaRu_Nus / Via Twitter: @HaRu_Nus

    プロが使う機材と同等ではないとしつつも、「Focusの加工がハマった時にはPCやスマホ画面では分からない時があるかと思います」とwagnusさん。

    素人目にはわかりづらいのですが、やっぱり最新機種(iPhone X)だとカメラのクオリティがかなり向上しているそうです。

    これによって、「『プロっぽい』ボケ感を手軽に作れるようになったので、今まで以上に一見した描写に関しては、プロとアマチュアの差異が無くなると思います」とのこと。

    やぁ……改めて、素人目からすると驚き。写真撮るのがもっと楽しくなりますね。

    @HaRu_Nus