back to top

意外と間違ってる...! 調味料の正しい保存方法をチェック

酢って冷蔵庫に入れるんだっけ?ポン酢は?

1. 砂糖→常温でOK

砂糖は品質の劣化が極めて少ない食品であるため、腐敗などの心配がほとんどありません。冷蔵庫に入れる場合は、出し入れの際の結露に気をつけましょう。
いらすとや

砂糖は品質の劣化が極めて少ない食品であるため、腐敗などの心配がほとんどありません。

冷蔵庫に入れる場合は、出し入れの際の結露に気をつけましょう

2. 塩→常温でOK

砂糖と同様、変質の心配がほとんどありません。常温で大丈夫です。
いらすとや

砂糖と同様、変質の心配がほとんどありません。常温で大丈夫です。

3. 酢→開けたら冷暗所

ミツカンは「直射日光を避けて、冷暗所」での保存を推奨しており、要冷蔵ではありません。真夏など高温になる場合には、冷蔵庫で保存しても問題ありません。
いらすとや

ミツカンは「直射日光を避けて、冷暗所」での保存を推奨しており、要冷蔵ではありません。

真夏など高温になる場合には、冷蔵庫で保存しても問題ありません。

4. ポン酢→開けたら要冷蔵

ミツカンは開封後の冷蔵保存を薦めています。
いらすとや

ミツカンは開封後の冷蔵保存を薦めています。

5. 醤油→開けたら要冷蔵(常温OKな商品もある)

基本的に、開封後は要冷蔵です。ただ、最近は密封ボトルに入ったものなど、一定期間常温保存ができる商品もあります。
いらすとや

基本的に、開封後は要冷蔵です。

ただ、最近は密封ボトルに入ったものなど、一定期間常温保存ができる商品もあります。

6. 味噌→開けたら要冷蔵。冷凍庫もOK

マルコメは冷蔵庫か冷凍庫での保存を薦めています。
いらすとや

マルコメは冷蔵庫か冷凍庫での保存を薦めています。

7. 料理酒→商品によるが、開封後は冷蔵庫が無難

商品の種類やアルコール度数にもよりますが、開封前から直射日光や高温は避け、開封後は冷暗所での保存が基本です。キング醸造は、アルコール度数13度以下の商品を要冷蔵としています。
いらすとや

商品の種類やアルコール度数にもよりますが、開封前から直射日光や高温は避け、開封後は冷暗所での保存が基本です。

キング醸造は、アルコール度数13度以下の商品を要冷蔵としています。

8. 本みりん→常温でOK

ミツカンによると、暗所の常温保存が良いそうです。冷蔵庫で保存すると「本みりんに含まれる糖分が結晶になること」があるといいます。※「みりん風調味料」は要冷蔵の場合があるため注意が必要です。
いらすとや

ミツカンによると、暗所の常温保存が良いそうです。

冷蔵庫で保存すると「本みりんに含まれる糖分が結晶になること」があるといいます。

「みりん風調味料」は要冷蔵の場合があるため注意が必要です。

9. めんつゆ→開けたら要冷蔵

ヤマキは、開栓後は冷蔵保存の上、早めの消費を勧めています。特にストレートタイプは濃縮タイプに比べ腐敗が進みやすいので、早めに消費しましょう。
いらすとや

ヤマキは、開栓後は冷蔵保存の上、早めの消費を勧めています。

特にストレートタイプは濃縮タイプに比べ腐敗が進みやすいので、早めに消費しましょう。

10. マヨネーズ→開けたら要冷蔵

キユーピーの公式サイトによると、未開栓の場合冷暗所での常温保存が可能です。開栓後は冷蔵庫で保存し、1ヶ月以内に使い切ることを推奨しています。冷凍庫で保存すると、油が分離してしまうので注意。
いらすとや

キユーピーの公式サイトによると、未開栓の場合冷暗所での常温保存が可能です。

開栓後は冷蔵庫で保存し、1ヶ月以内に使い切ることを推奨しています。

冷凍庫で保存すると、油が分離してしまうので注意。

11. ケチャップ→開けたら要冷蔵

カゴメは「冷蔵庫保管で、1ヵ月程度で」使用するよう呼びかけています。
いらすとや

カゴメは「冷蔵庫保管で、1ヵ月程度で」使用するよう呼びかけています。

12. ソース→開けたら要冷蔵

商品によりますが、オタフクのお好みソースをはじめ、基本は開栓後要冷蔵です。
いらすとや

商品によりますが、オタフクのお好みソースをはじめ、基本は開栓後要冷蔵です。

13. バター→要冷蔵が無難

雪印メグミルクや明治は自社のバターについて10度以下での保存を勧めています。また、冷凍保存も可能です。マーガリンも要冷蔵ですが、変質の恐れがあるため冷凍保存には向きません。
いらすとや

雪印メグミルク明治は自社のバターについて10度以下での保存を勧めています。

また、冷凍保存も可能です。

マーガリンも要冷蔵ですが、変質の恐れがあるため冷凍保存には向きません。

14. ごま油→常温でOK

かどや製油によると「暗い場所に常温で」「冷蔵庫に入れる必要はありません」とのこと。酸化を防ぐため、使用後は蓋をしっかり閉めて保管しましょう。
いらすとや

かどや製油によると「暗い場所に常温で」「冷蔵庫に入れる必要はありません」とのこと。

酸化を防ぐため、使用後は蓋をしっかり閉めて保管しましょう。

15. オリーブオイル→常温でOK

日清オイリオは高温を避け、暗所での保存を薦めています。冷蔵保存すると、味や香りが落ちる場合があります。
いらすとや

日清オイリオ高温を避け、暗所での保存を薦めています。

冷蔵保存すると、味や香りが落ちる場合があります。