【2018年】必読のビジネス書ランキングTOP10

    今年のうちに読んでおきたい...!

    ※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がBuzzFeedに還元されることがあります。

    今年、最も売れたビジネス本を発表!

    Amazon / Via amzn.to

    Amazonは、2018年のAmazonランキング大賞を発表しました。

    ビジネス書部門の商品TOP10をご紹介します。

    10. ティール組織―マネジメントの常識を覆す次世代型組織の出現

    英治出版 / Via amzn.to

    組織モデルの進化の歴史をたどる本書。進化形の「ティール組織」における、新時代のマネジメントのあり方を考える一冊です。

    9. サピエンス全史(上)文明の構造と人類の幸福

    河出書房新社 / Via amzn.to

    数ある人類のなかで、私達の先祖ホモ・サピエンスはいかにして生き残り、生物の頂点に立ったのか。

    人類の歴史に起こったいくつもの革命を振り返りながら、その秘密を紐解きます。

    8. 日本再興戦略

    幻冬舎 / Via amzn.to

    世界が大きな変化に直面する中、日本が「再興」するために必要なこととは?

    テクノロジーや働き方、教育など、日本の未来を形作る幅広いトピックについて、注目の科学者・落合陽一が提言します。

    7. 10年後の仕事図鑑

    SBクリエイティブ / Via amzn.to

    AIなどテクノロジーの発展により、私達の働き方や職業はどう変わっていくのか。

    「今後なくなりそうな仕事」「これから生まれそうな仕事」など、イラストを交えながら解説しています。

    6. 友だち幻想―人と人の〈つながり〉を考える

    筑摩書房 / Via amzn.to

    SNSなどで、いつどこにいても人とのつながりを意識する現代。

    人間関係に悩んだりストレスを感じた時に読みたい、人とのつながり方を見直すための本です。

    5. 英単語の語源図鑑

    かんき出版 / Via amzn.to

    英単語を覚えるのが大変なのは、それぞれの単語をバラバラに覚えているからかも?

    英語の語源を示す接頭辞を理解することで、英単語をより効率的に学習できるようになります。

    4. AI vs. 教科書が読めない子どもたち

    東洋経済新報社 / Via amzn.to

    人間はいつかAIに滅ぼされる? SFのような話がまことしやかに言われていますが、著者はこれを否定します。

    しかし、一方で問題視されているのは子供の学力低下。将来人間がAIに負けないためにはどうすればよいのでしょうか。

    3. 1分で話せ 世界のトップが絶賛した大事なことだけシンプルに伝える技術

    SBクリエイティブ / Via amzn.to

    考えがまとまらず話が長くなる。プレゼンが上手くできない。多くのビジネスパーソンが抱える悩みです。

    話をどう組み立て、要らない言葉はどう削るのか。話したいことを簡潔にまとめ、確実に伝えるためのヒントを紹介しています。

    2. 未来の年表 人口減少日本でこれから起きること

    講談社 / Via amzn.to

    日本社会に静かに迫る「少子高齢化」の現実。その先に何が起こるのか、最新のデータをもとにした予測が時系列にまとめられています。

    縮小する日本社会に私たちはどう対応すべきか、考える機会を与えてくれる1冊です。

    1. お金2.0 新しい経済のルールと生き方

    幻冬舎 / Via amzn.to

    仮想通貨やフィンテック、シェアリングエコノミーなど。近年話題の経済トピックは結局、私達の経済活動にとってどういう意味を持つのでしょう。

    今後テクノロジーがお金のあり方をどう変えて、私達はその価値とどう向き合うべきなのか。

    新しい経済で変わる私たち生活の未来像を解説します。

    ※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がBuzzFeedに還元されることがあります。