2017年、本当に読んでよかった本だけ紹介します

    マンガから実用書まで

    ※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がBuzzFeedに還元されることがあります。

    今年一番おもしろかった本を教えて!

    いらすとや

    BuzzFeed Japanのスタッフに、今年のおすすめの作品を紹介してもらいました。

    1. 青野くんに触りたいから死にたい」椎名うみ

    Yahoo!ショッピング / Via bzfd.it

    突然彼氏が死んでしまって絶望する女の子と幽霊になった彼を巡るあれこれ。ちゃんとラブコメでちゃんとホラー。

    笑っていいのか怖がっていいのかわからない! 突飛な設定がギリギリのバランスで保たれていてすごい

    Webで試し読みできる1話と1巻まとめて読んだ時の読後感が全然違うし、2巻でさらに『そっち!?』な感じにギアが入ってひえ〜!ってなります」(Haruna)

    2. 新しい分かり方」佐藤雅彦

    Yahoo!ショッピング / Via bzfd.it

    「仕事に煮詰まった時、この本を読んで『あ、頭がかたくなっていたな…』と反省した覚えがあります。

    写真と解説の繰り返しなのですが、ページ毎にこれでもかというほど新しい発見があります! 長文が苦手な方にもおすすめです」(Hikaru)

    3. ごめんなさい、もしあなたがちょっとでも行き詰まりを感じているなら、不便をとり入れてみてはどうですか?〜不便益という発想〜」川上浩司

    Yahoo!ショッピング / Via bzfd.it

    「『不便にも意味がある』という理解を出発点に、社会や人間について考えさせられる本。

    人はちょっとした不便に愛着を感じたり、苦労をした経験を愛おしく思ったり、意外と不条理な存在で、それを突き詰めるとクルマの運転って何なんだろう? AIが実現する未来って本当に幸せなの?というところにたどり着きます。

    そんな社会問題に思いを馳せるも良し、不便益という視点を仕事に上手く取り込むも良し。この概念を頭の片隅に置いておくと、アイデアや企画もより斬新なものが生まれるはず。すべてのクリエイティブなビジネスパーソンに贈りたい1冊です」(Narumi)

    4. その恋はビジネス的にアウト」久保裕丈

    Shunsuke Mori / BuzzFeed / Via bzfd.it

    「バチェラー・ジャパンにハマったのをきっかけに、発売イベントにて購入し、著者の久保さんのサインもいただきました!

    久保さんがビジネス用語を巧みに用いながら、恋愛のイロハや男性の本音を語るという内容。

    バチェラー・ジャパンでの久保さんの言動と照らし合わせながら、『あ〜、だからあの時!』と納得しつつ、映像と合わせて楽しみながら読み進めました。バチェラー・ファン必読です!」(Yui)

    5. アイデア大全 想像力とブレイクスルーを生み出す42のツール」読書猿

    Yahoo!ショッピング / Via bzfd.it

    「アイディアに関する本は山ほどあるけれど、変なものを10冊読むより絶対こっちの方が役立ちます。

    アイデアを出す方法をひたすら集めて辞典のようにまとめた1冊。実用的なデータベースであるだけでなく、『人はどうやってアイデアを出す方法を考えてきたか』という研究史の側面もあるので、読み物としても面白いです」(Daichi)

    6. 蜜蜂と遠雷」恩田陸

    Yahoo!ショッピング / Via bzfd.it

    「音楽って、文字で再現できるんだ、という衝撃。文章を追っていくだけで頭の中でピアノが鳴る体験ができる

    あまりにすごい小説すぎて、読んだあとしばらく会う人会う人に『お願い読んで!』と言ってまわっていた」(Haruna)

    7. 月曜日の友達」阿部共実

    Yahoo!ショッピング / Via bzfd.it

    「これまでも作風に幅のある連作短編を手がけてきた阿部共実が、ど直球のボーイミーツガールを描いていて、それでいてどこをどう切り取ってもオリジナルなのが最高。

    これから暗い出来事が起きそうな気配ばかりあってこわいのも最高」(Yu)

    8. 小泉進次郎と福田達夫」田崎史郎

    Yahoo!ショッピング / Via bzfd.it

    「政治家の実像は見えづらい。それが、比較的若く、父親が元首相同士、しかも、一時期は首相と官房長官でタッグを組んでいた小泉・福田の息子同士という二人が語り合うと、考えや人柄が伝わってくる。

    二人がタッグを組んだ全農改革についてなど、政治の舞台裏も覗けて面白い」(Daisuke)

    9. 早乙女選手ひたかくす」水口尚樹

    Yahoo!ショッピング / Via bzfd.it

    ボクシングに取り組む高校生カップルの話ですが、突然のカップル成立から始まって、徐々に仲を深めていく様子がほのぼのします。

    スポーツの描写も秀逸で、ストーリーもスポーツ物として読んでもおもしろいです」(Seiichiro)

    10. 燃やすおかず つくりおき」高橋善郎

    Shunsuke Mori / BuzzFeed / Via bzfd.it

    トライアスロン選手でもある料理研究家によるレシピ本。全てのレシピが栄養価計算されたもので、体づくりのためのコラムやトレーニング方法も掲載されており、読みごたえたっぷりです。

    地味になりがちな作り置きおかずをワンランクアップさせる、和食出身の著者ならではの素敵な盛り付けにも注目です!」(Yui)

    11. セトウツミ」此元和津也

    Yahoo!ショッピング / Via bzfd.it

    「高校生2人の漫才やコントのような会話劇が1話完結で繰り広げられる、笑える漫画。

    この作品の凄いところは、ギャグ漫画の感覚で読み進めているうちに、いつのまにか全然違う世界に入ってしまっていること。

    今月発売された8巻で完結したけど、最初に読み始めた時とは全く違う印象になった。美しすぎる最終回だった。

    作中に『作者病んでるの?』という旨のセリフが出てきたが、賞賛の意味でたしかに『作者病んでる』と思った

    どういう考えで、この一連の物語を作ったのかがめちゃくちゃ気になってる」(Yuya)

    12. 物語論 基礎と応用」橋本陽介

    Yahoo!ショッピング / Via bzfd.it

    物語はどうやって紡がれ、どのように語られるべきなのか。『シン・ゴジラ』や『この世界の片隅に』といった、身近な素材を題材に読み解きます。

    物語を楽しむ人も、作る側の人も、どちらにも役立つ本ですよ」(Daichi)

    あなたが選ぶ、2017年の1冊は?

    ※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がBuzzFeedに還元されることがあります。