Skip To Content

同性パートナーの犯罪被害給付金訴訟 「残酷判決」を受け止め、投げ返すために

同性パートナーは事実婚が認められるか? 事実婚の配偶者として、国の犯罪被害者給付制度の支援金を求めた同性パートナーの請求を棄却する判決が出ました。同性愛者の権利擁護をライフワークとする行政書士の永易至文さんが判決の問題を解説します。

Shibun Nagayasu 7 months ago

私的「ゲイの平成30年史」 10年周期の勃興、停滞、そして再高揚

裁判、出版、パレード、TVドラマ……新登場と見える数々は、じつは平成2巡目だった!

Shibun Nagayasu One year ago

「配偶者」の耐えられない重さ 結婚でしかできないことを問われて

同性婚が認められていない日本。パートナーシップを営む二人の生活や将来の安心のために、既存の法律や制度を活用する書類作成を広めてきた行政書士が感じている限界をお伝えします。

Shibun Nagayasu One year ago

ゲイの私が40歳を目前に転職した理由(下)ーーだれもが「しょうがない」と言う町を出て

不要な壁を作って、いろんな機会損失をしてきた。ゲイであることをオープンにして自分らしくいることができる今の職場では、仕事にも人間関係にもいい影響が出てきている。

Shibun Nagayasu 2 years ago

ゲイの私が40歳を目前に転職した理由(上)ーー海外駐在で起きたこと、帰国して起きたこと

狭い企業城下町では、パートナーと一緒にスーパーで買い物ができなかった。

Shibun Nagayasu 2 years ago
Shibun Nagayasu 2 years ago
Shibun Nagayasu 2 years ago

性的マイノリティにとってストレスフルな病院は、いつ変わるのか

キャンベル先生が問いかけた「性的少数者がふつうに、『ここにいる』と言える社会」を実現するために

Shibun Nagayasu 2 years ago