「パンツ畳みすぎてツラい」あの有名ランジェリーショップの元店員が明かす裏話 12連発

    「働いていてラッキーだったのは、新しいスタイルのブラが発売されるたびにタダで1つもらえたこと! 」

    ド派手なファッションショーや店舗の独特な内装で有名な、アメリカの大手ランジェリーショップ「ヴィクトリアズ・シークレット」。

    Sopa Images / SOPA Images/LightRocket via Gett

    香水や、メイク用品も販売しています。

    BuzzFeed読者の中で、ヴィクトリアズ・シークレットで働いた経験がある人に、業務の裏話を教えてもらいました!

    注:あくまでも自称元スタッフの話としてきいてくださいね。

    1. 無料ブラ

    働いていてラッキーだったのは、新しいスタイルのブラが発売されるたびにタダで1つもらえたこと!

    働いていて最悪だったのは、セクハラ男性客の相手をしないといけなかったこと。

    「彼女へのプレゼントを探している」と言ってしょっちゅう店にくる男性がいましたが、一度も商品を購入したことはありませんでした。

    店内をうろうろしてパンツを触りまくっって、スタッフをいやらしい目で眺めてくるだけ。

    —u/aulbrich7312

    2. 美人じゃないと店員になれない?

    Gregg Deguire / WireImage

    ヴィクシーのショップスタッフになりたいという女の子はたくさんいました。が、美人じゃないとショップにはでれないという話もありましたね。

    私もショップスタッフで応募したのですが、採用されたのはバックオフィス。

    マネージャーから「かわいい友達がいたら面接に来るように言って」と言われたこともあります。

    —u/rebeccad9407

    3. 破棄の実態

    返品されたブラが不良品だった場合、カットしてから破棄するように指示されていました。理由は、捨てたものを盗まれないように。

    破棄するのではなく、必要な人に寄付できたらとずっと思っていました。

    働いていた10年前の話ですが、今はこのルールが変更されていたらいいなぁ。

    —u/marinaf4

    4. 破棄の実態、パート2

    香水やローションなど、ビューティー系プロダクトが返品された場合、中身をすべて捨ててからパッケージだけを本社に送り返すという規定がありました。

    —u/mandy1796

    5. 商品を身につける

    Dimitrios Kambouris / WireImage

    10年前、ヴィクシーで働いていました。

    コスメ売り場を担当していましたが、当時、店に出るときは、最低5種類の自社コスメアイテムを使うというルールがありました。

    —u/greyes1989

    6. 厳しい社割制度

    2016年にヴィクシーで働いていました。新人スタッフは、勤務初日にブラのサイズを測ってもらうのがルール。

    これは、本人だけが使える社割を、友人や家族にまで利用させないようにするためだとか。

    —u/sianlouise1

    7. 完璧なサイズ!

    お客様に完璧なサイズ・フィットのブラを見つけた時は最高の気分です。

    試着室で本当に自分にあったサイズのブラを身につけ、感動して泣いてしまったお客様もいました。

    お客様に自信を持ってもらうお手伝いができたと自負しています。

    —u/deirdrama

    8. こちらのカード、使えません

    STXfilms

    支払いが通らないカードがけっこうありました。カードが使用できないとき、3回まではトライしてみること、と言われていましたね。

    —u/elizawithaz

    9. 狙いのセール品

    目をつけたアイテムを隠しておいて、セールの最終日に買うというズルを同僚とやっていました。セール最終日=底値で買ってましたね。

    —u/a4741a77a1

    10. 店内に残されたもの

    2000年代初期、ヴィクシーとPINKで働いていました。ショップを閉めてからの点検では、いろんなものが出てきましたよ。

    試着室の椅子の裏に隠された使用済みのナプキン・タンポン、ミラーにくっついているパンティライナー。パンツを万引きする代わりに放置された使用済みパンツ…。

    —u/laurah51

    11. パンツパンツパンツパンツ

    Wang He / Getty Images

    パンティーバーが辛い。何百というパンツを畳んで、レインボーカラー順に並べていくお仕事。

    無心で畳む。無限パンツ。

    —u/samanthad47d84960c

    12. 乳首トレンド

    テスト部門で働いていたことがありますが、乳首つきブラを開発しようという話がでたことがありました。

    乳首スケ見えが流行るヨミがあったとか。

    —bethanysexton

    投稿は読みやすさのため一部編集してあります。

    この記事は英語から翻訳・編集しました。 翻訳:soko / 編集:BuzzFeed Japan