Sponsored

理想の上司と普通の上司の違い。男性の育児参加を促すために…

育休を取得した経験のある人にアンケートで聞いてみました!

①普段から…

「普段から育休のシステムやメリットを周知して、誰でも育休を取りやすい雰囲気を作ってくれるのが理想」

②部下が家族と電話していたら…

「子育てに理解を示してくれて、配慮してくれる。子どもが熱を出したときも『持ちつ持たれつだよ』と業務を他のメンバーに割り振ってくれてありがたかった」

③部下に妊娠を伝えられたら…

「育休をとるか迷っていたけれど、上司から提案してくれたのでとりやすかった」

④育休に入る部下の引き継ぎをするときは…

「上司のマネジメント力が高く、柔軟で強い体制づくりをしてくれていたので、引き継ぎもスムーズで気持ちよく育休に入れた」

⑤育休に入る部下を送り出すときは…

「上司自身が若いころ、深夜残業、休日出勤、休日ゴルフでほとんど育児ができなかったことを後悔しているので、部下にはそのような思いをして欲しくないと快く背中を押してくれた」

日本でも男性の育児休業取得が
当たり前になる社会へ

積水ハウスは「よりよい社会をともに考えるきっかけにしたい」という想いから、男性育休を推進する活動を行っています。2018年に「男性社員1ヶ月以上の育休完全取得」を宣言し、翌年より対象者の取得率100%を継続中です。


今後も男性育休推進に関する様々な活動を行っていきます。


男性育休に関する積水ハウスの取り組みの詳細はこちら

🐣🐣🐣🐣🐣🐣🐣🐣🐣🐣

9月19日は「育休を考える日」。BuzzFeed Japanは積水ハウス株式会社と9月19日(日)17時から、育休について考えるオンラインイベントみんなを幸せにする”男性育休”とは? #育休を考える日をTwitter(@BFJNews)より配信します。

【9月19日17時配信⚡️】 男性の育休取得、一緒に考えませんか? 📺みんなを幸せにする"男性育休"とは? #育休を考える日 ゲスト:犬山紙子( @inuningen)、劔樹人( @tsurugimikito)、田中俊之( @danseigaku) MC:岩崎由夏( @yuccaaaa ) //sponsored by 積水ハウス https://t.co/fxPYYmGmf2

Twitter: @BFJNews

みんなを幸せにする”男性育休”とは? #育休を考える日

【出演者】犬山紙子(エッセイスト)、劔樹人(ベーシスト・漫画家)、田中俊之(社会学者)、林宏史朗(積水ハウス株式会社 埼玉南シャーメゾン支店 店長)、MC : 岩崎由夏(YOUTRUST代表)

【配信】9月19日(日)17時〜 Twitter(@BFJNews)より配信

【提供】積水ハウス株式会社

Illustrations by Emi Tulett / BuzzFeed