back to top

筋トレ好きは見るなよ!絶対に見るなよ!「カラダ鍛えてる」って人ほど自信を失ってしまう野獣のごときトレーニング動画たち

あなたは野獣「トニー・セントマナット」をフォローしているか。

マイアミを拠点に活動するアスリート、トニー・セントマナット。元SWATの頑強な肉体によるトレーニングはまさに“ビースト”だ。驚異の身体能力とハードワークを見る心の準備ができたら、先に進んでほしい。

Instagramでは100万人以上のフォロワーがいる。

トニーを語る上で不可欠なのが、この跳躍力。ハイハードルを越え、壁を蹴り、その巨体を軽快に動作させる。

跳躍距離、高度も相当なもの。そして、飛び越えてはタイムラグのない次ターゲットへの遷移である。

そんなトニーのマストアイテムは巨大な“タイヤ”。持ち上げる、叩き落とすなど、様々な用途が確認できる。

一部の愛好家の間では「タイヤが登場すると“タイヤ回だ!”とテンションが上がる」と言われる。

タイヤの用途はそれだけではない。ハンマーを叩きつけるのだ。理由はわからないが、気分はいいに違いない。

Instagram: @realworld_tactical

トニーは車を引き、タイヤを荷台に放り込む。私たちは何を見せられているのか、わからなくなりそうだ。

Instagram: @realworld_tactical

「タイヤマシマシ」「トッピング人のせ」の誕生である。マニアがつばを飲み込む音が聞こえる。

トニーは金属の重い缶を後方に投げる。バレーボールのように軽々と。危険な男だ。

こんな“ビースト”にかかっては、サンドバックなど小枝に等しい。ひょいと拾い上げ、背後に落とす。

そして、おわかりいただけるだろうか。彼は約20kgのウエイトベストを身に着けている。

これは予想の範囲内だろうが、格闘の心得もある。しかし、パンチの威力はケタ違いだ。

トレーナーがかわいそうになってくる。どうかケガをしないでほしいと日本から祈りを捧げたい。

こんなSWAT隊員が突っ込んでくるなら、悪いことなんて絶対にしないと誓う。

「後ろ手で縛られた状態」を想定したトレーニングをする人間が、この世界にどれだけいるのか。

トニーの動画はエンターテイメントだ。ガスマスクを着け、ディスクを引き、移動するサンドバックを殴る。

屈強な男性たちに左右からミドルキックをくらいながら、ウエイトトレーニング。

背後から組みつかれ、殴られながら、ガスマスクを着けた状態で、タイヤをひっくり返す。

タイヤの神回である。

トニーの動画を楽しむ上では、このトレーナーの存在も重要だ。なぜムチを持ち、振るうのか。

そして結局は振り落とされる。

なんということだろう。トニーは、走っても、速い。しかもやはり、ウエイトベストを身に着けている。

そして、身軽である。ボルダリングのマシーンをひょいひょい登る。抜群の安定性だ。

オーソドックスなトレーニングでも、数値が常人とはかけ離れている。スクワットは275kgで。

ジムで見かけるこのマシンに二段目が存在することを知る者、それに挑戦する者が、どれほどいるというのか。

ただのディップスでは終わらない。これだけ太い鎖でも、トニーは止められないのだ。

その結果、私たちには想像もつかない動作が可能になる。あなたはこの状態から起き上がれるだろうか。

もうダメだ、悪人には逃げ場がない。トニーは銃も撃つ。それもかなりの腕前で。

どんなシチュエーションでも、狙った的は外さない。格闘から相手を肩に担いでの射撃。

Instagram: @realworld_tactical

トニーのすごいところを整理しよう。鍛え上げられた肉体はもちろんだが、なによりその敏捷性である。

トニーは紐さえあればトレーニングが可能であることを私たちに証明してくれている。

トニーはアジリティー(敏捷性)・トレーニングに熱心に取り組む。真に使える体を作っているのだ。

珍しいトレーニング器具も使うが、トニーにとってはどこだってフィールドだ。己を高められる。

「もとから恵まれた体格だったのでは?」……それは誤りだ。子どもの頃のトニーを紹介しよう。

トニーを形成したのは努力である。

トニーは失敗する姿も隠さない。失敗について、それを恥じるのではなく、別の思想を持っているからだ。

「失敗を、ミスを、誤った選択を、恥ずかしがるな。私たちは人間であり、完ぺきではない。受け入れろ。そこから学びを得ろ。そのことはあなたの人生をよりよいものにしてくれるだろう」

2014年から運用されているトニーのInstagramには、今回紹介しきれなかった名動画がたくさんある。ぜひ、その目で確認してもらいたい。

Seiichiro Kuchikiに連絡する メールアドレス:seiichiro.kuchiki@buzzfeed.com.

Got a confidential tip? Submit it here.