東京五輪で50km競歩が除外? 広がるアスリートの支援の輪

リオ五輪で日本人選手が銅メダルを獲得している。

2020年の東京五輪の陸上競技で、50km競歩が除外される可能性が出てきたことを、CBCなどが報じている

日本では、リオデジャネイロ五輪陸上の銅メダリスト・荒井広宙(ひろおき)選手がこの50km競歩の競技者だ。

荒井選手のリオ五輪の記録は3時間41分24秒。フルマラソンよりも長い距離を、一般的な成人男性が走るより速く「歩く」。

リオではドラマもあった。一度は3位でゴールしたが、レース終盤に「妨害行為があった」として失格になったのだ。

その後、国際陸連が日本の上訴を認めたため、荒井選手の銅メダルが確定している。

2020年の東京五輪でも、メダル獲得が期待される50km競歩。

だが2018年以降、50km競歩が世界選手権、五輪から廃止されるかもしれない——そんなツイートが、現在拡散し、世界中で反対の署名活動が行われている。

反対の署名は署名サイト「change.org」上で募集されている。

署名活動の発起人はオーストラリアの競歩選手クリス・エリクソン。11日現在まで8162人の賛同者が集まっている。

日本でも署名活動への参加者が増えている。このツイートの主はリオ五輪男子20km競歩で7位入賞した松永大介選手。

皆さま、50kmWが2018年以降国際競技大会から無くなってしまうかもしれません。 今後の競技者の可能性を潰さない為にもご協力よろしくお願いします。 また、拡散もしていただければありがたいです。 https://t.co/Q7PEVk1rVh

競歩以外の、日本のアスリートたちも立ち上がった。

リオ五輪男子棒高跳びで、日本人選手として64年ぶり、自身として初の7位入賞を果たした澤野大地選手も署名に賛同。

【陸上競技アスリート委員会より】2018年以降男子50km競歩が世界選手権、五輪から廃止される可能性が出ています。近年、日本の陸上界をリードしてくれている50km競歩存続に賛同する署名を以下のURLよりご協力をお願いいたします。https://t.co/Q3AC5yDczM


ケガに悩まされ続けたが、ついにリオ五輪の舞台に上がった男子200m日本代表・藤光謙司選手。

【陸上競技アスリート委員会より】2018年以降男子50km競歩が世界選手権、五輪から廃止される可能性が出ています。近年、日本の陸上界をリードしてくれている50km競歩存続に賛同する署名を以下のURLよりご協力をお願いいたします。https://t.co/jWqBu06EPg


日本選手権を11連覇しているリオ五輪男子400m代表・金丸祐三選手も50km競歩廃止を阻止しようと動いている。

【陸上競技アスリート委員会より】2018年以降男子50km競歩が世界選手権、五輪から廃止される可能性が出ています。近年、日本の陸上界をリードしてくれている50km競歩存続に賛同する署名を以下のURLよりご協力をお願いいたします。https://t.co/o57BMj9CRc


他にも有力選手らがツイート・シェア。「他人事とは思えない」という意見もある。

自分の種目が、十種が無くなると。。。って考えるとゾッとするね、競歩の皆さんが笑顔で競技できますように、微力ながら。 https://t.co/Prf17UKM9X

リンクをツイートをしたある選手は、BuzzFeed Newsの取材に「知り合いの陸上選手から依頼されてツイートした。自分に少しでもできることがあれば協力したい」と答えた。

2020年の東京五輪の陸上の実施種目については、国際陸上競技連盟(IAAF)が12・13日にロンドンで開かれる理事会で協議することが国内外のメディアで報じられている。

日本としてはどう対応するのか。BuzzFeed Newsは日本陸上競技連盟(JAAF)を取材中だ。

アスリートたちは、支援を求めている。

今、50km競歩が2018年以降の国際競技会から無くなろうとしています! キャンペーンにご協力ください。 よろしくお願い致します! https://t.co/I0Rz3z3Ruk


Seiichiro Kuchikiに連絡する メールアドレス:seiichiro.kuchiki@buzzfeed.com.

Got a confidential tip? Submit it here.