ウチで燻製しない? 数分で完成、ハンディ燻製器でスモーキーグルメ生活

    アウトドアでのごはんが恋しい…せめて気分だけでも、と思っていたら見つけました! 部屋で燻製が楽しめる「スモークインフューザー」。たった数分で、燻製グルメが楽しめるという小粋なアイテム、試してみたら驚きの燻(いぶ)し具合だったので、みんなに見てほしい!

    キッチンで燻製しよう

    SATORU KOBORI / Buzzfeed

    素材を下ごしらえして、乾燥させて、熱源用意して、温度管理して…

    と、じっくり手間隙かけたアウトドア燻製もいいけれど、ステイホーム推奨の今、おすすめしたいのは「インドア燻製」

    必要なのは、ウマいものとジップロック、そしてコンパクトな秘密兵器だけ。

    数分でスモーキーに

    SATORU KOBORI / Buzzfeed

    たった数分で、スモーキーな香りをまとった燻製風グルメができあがり。

    煙をまとうだけなので、加熱・乾燥しませんし、色もほとんど変わりません…が! ただよう香りはまさに燻製のソレ。しかもお部屋でできちゃう。

    早い、ウマい、簡単、と、燻製のいいとこどりなのです。

    スモークインフューザーという秘密兵器

    SATORU KOBORI / Buzzfeed

    今日の主役、ハンディなスモーカー「スモークインフューザー」は、ネット通販で3,000円前後とお手ごろ。

    本体は3部構成

    SATORU KOBORI / Buzzfeed

    (※写真は撮影用に分離しています) 使い方は、単3電池2本を入れた本体にホースを取り付けるだけ。チップを燃やすので、本体はずっしりとした金属製。本格派です。

    3種のお試しスモークチップが付属

    SATORU KOBORI / Buzzfeed

    届いてすぐ楽しめるよう、「サクラ」「クルミ」「ヒッコリー」と3種類のスモークチップが付属しています。しかも、たっぷり入っていて太っ腹です。

    まずは「シャウエッセン」でお試し

    SATORU KOBORI / Buzzfeed

    ボイルしたシャウエッセンを脚がある網に載せます。スモークが行き渡れば良いので、網がなければ割り箸を平行に敷くだけでもOK。そ~っとジップロックに収めます。

    ホースをつなぎ、スイッチオンして点火

    SATORU KOBORI / Buzzfeed

    まずは「サクラ」のチップを試します。スモークインフューザーの穴にチップを詰め、ホースの先端をジップロックに挿してファスナーを閉じます。ファンのスイッチを入れてからチャッカマンで点火すると…

    一気に煙が充満!!

    SATORU KOBORI / Buzzfeed

    うおおお! 本体の穴でスモークチップがどんどん燃え、煙がホースを伝ってジップロックへ。あっという間にシャウエッセンが見えなくなるほどの発煙です。ある程度煙がたまったらスイッチを切り、ホースを抜いてファスナーを閉じます。

    ※小さじ1杯にも満たない量のチップですが、猛烈な煙が出ます。キッチンで換気扇を回しながらやりましょう。

    数分待って、できあがり

    SATORU KOBORI / Buzzfeed

    待ち時間は、メーカー公称「1~2分」ですが、食材やお好みによってはもう数分待ってもよいかも。ジップロックを開くときに大量の煙が出ますよ。

    (※注)↓めっちゃいい香りがしています

    SATORU KOBORI / Buzzfeed

    シャウエッセン完成。見た目はまったく変わらないのですが、ほんの数分で燻香があふれてます。かじると「なんじゃこりゃー!」と叫びたくなるほど、風味が大変身。もともとやや上級なウインナーではありますが、燻製香が加わるだけで食材がグレードアップした感が半端ない。嗅覚って素晴らしい。

    なお「サクラ」のチップは「THE燻製肉」というべき芳醇な香りがします。

    では、サーモンを

    SATORU KOBORI / Buzzfeed

    シャウエッセンの大成功に気を良くしたので、とっとと燻製グルメの王道、サーモンを投入しちゃいます。

    世の中、水分が飛んだカッチカチなスモークサーモンが多いですが、スモークインフューザーを使えば、刺身のまま燻製香をプラスできるとのこと。燻製風味なのに生。これは未体験ゾーンですぞ。

    表面の水分をキッチンペーパーで軽く抑えてから、耐熱ガラス容器に並べてジップロックへ。チップは欧州の定番「ヒッコリー」をセレクト。

    同じ手順で、燻(いぶ)します

    SATORU KOBORI / Buzzfeed

    シャウエッセンと同じく、ジップロックにスモークを送り込みます。

    ※撮影に気を取られて、ジップロックにホースを差し込まず点火していますが、コレはNG。この直後、猛烈な煙が吹き出して、部屋中が燻製される羽目に(あやうく火災報知器鳴らすところだった)。日本語版取扱説明書が付属しているので、よく読んで正しく使いましょう。

    サーモンはちょっと待ったほうが、ウマい

    SATORU KOBORI / Buzzfeed

    スモーク充填後、少し長めに待つこと10分。

    香りはスモーキーで臭みが目立たず、なのに舌触りはとろっとろで柔らか。旨味は生のフレッシュ感満載、という新しいごちそうが誕生しました

    スモークインフューザーを手に入れたら、ぜひサーモンで試していただきたい、そして感動していただきたい。声を大にしてお伝えしておきます。

    こんなものも、スモーキーに

    SATORU KOBORI / Buzzfeed

    みんな大好きポップコーンも、さっとスモークにくぐらせれば、大人風味に。

    チーズだって、やわらかなまま

    SATORU KOBORI / Buzzfeed

    旨味を濃縮したハードなスモークチーズもいいけれど、カマンベールの柔らかさも捨てがたい。ならばカマンベールをスモーキーにすればいいじゃない。

    結論、1ホールじゃ足りない逸品が産まれましたよ。チータラ、キャンディーチーズは言わずもがな。

    イチオシは、〆鯖

    SATORU KOBORI / Buzzfeed

    〆鯖、うずら卵、プロセスチーズというツマミセットも一気にスモーク!

    個人的に一番酒が進んだのが、このスモーク〆鯖。酢臭がマイルドな燻製香に替わり、鯖から変わらずあふれ出る旨味とのハーモニーが存分に楽しめます。「ヒッコリー」のチップは香りが強いそうで、クセのある食材にぴったり。

    外がダメなら、部屋で燻せばいいじゃない!

    SATORU KOBORI / Buzzfeed

    キッチンで、数分で。気軽に燻製っぽさを楽しめるスモークインフューザー。さまざまな食材で、スモーキーな味わいを探求してみてはいかが?

    ※Yahoo!ショッピングで「スモークインフューザー」を探す方はこちらから。

    ※Amazon.co.jpで「スモークインフューザー」を探す方はこちらから。

    ※記事で紹介した商品を購⼊すると、売上の⼀部がBuzzFeedに還元されることがあります。

    ※記事内の商品・サービス情報は記事公開日時点のものになります。

    ※本記事はBuzzFeed Japan株式会社とYahoo! JAPANが共同で企画したものです。記事内の商材・施設・サービス選定や評価はBuzzFeed Japan株式会社の判断にもとづいています。

    ※記事内で使用している商材・施設・サービス等の画像は、施設・店舗様から画像・商材・サービスを購入、またはお借りしたうえで使用、撮影しています。