back to top

トランプ大統領をおもてなし 切り札は若き最強ゴルファーとあの芸人?

日米首脳のゴルフに、あの最強ゴルファー・松山英樹選手が同伴するというが……

トランプ大統領が11月5日に来日する。首都圏はすでに厳戒態勢だ。

ゴルフ好きで知られる大統領のために、初日はあの名門「霞ヶ関カンツリー倶楽部」で、日本が誇る若き最強ゴルファー、松山英樹選手が同伴するプランが用意された。

松山選手といえば、今年の全米オープンゴルフで自己最高2位タイに入るなど、若くして世界的なゴルファーとして知られる。

一緒にラウンドする安倍首相も「自粛」していたゴルフを解禁し、準備万端で備えている。

お互いにゴルフ好きである。

北朝鮮問題を抱える中、日本を皮切りに韓国、中国などアジア各国を訪問するトランプ大統領。まずは愛してやまないゴルフで機嫌よくプレーしてもらい、その後の交渉を円滑に進めたいーー。

そんな狙いもあるのだろう。松山選手がゴルフ外交の「切り札」だ。

ちなみに、夕食会にはトランプ大統領の孫が好きな芸人、ピコ太郎が登場するという話もある。

広告

ちなみに、松山選手は悲願のメジャー大会制覇、世界トップに向けて、多忙なスケジュールの真っ只中でもある。

日米トップとのラウンドを挟んで、こんな試合日程が待っている。

2年ぶりに日本ツアーのダンロップフェニックス(11月16日~19日/宮崎県)に参戦。その後はバハマへと飛んで、ヒーロー・ワールドチャレンジ(11月30日~12月3日)に出場する。ここでもディフェンディングチャンピオンとして、その活躍が期待されている。(スポルティーバより)

こんななか、政治イベントに駆り出され、トランプ大統領、安倍首相とゴルフをともにするのは、さぞかし大変かと思いきや……。

事前の取材で意気込みをこう語っていた。

「余計なことをしゃべらないように気を付けたい。機嫌を悪くしないように、そっとしておきたい」と冗談めかしてから「トランプさんとだけ、安倍さんとだけなら(今後)あるかもしれないけど、2人同時にというのは一生に一度あるかないかだと思う。楽しく、思い出に刻みたい」と感想を語った。(スポニチより)

さすがはトッププロ。多忙さを微塵も感じさせない、余裕かつ爽やかすぎるコメントだ。明日以降も大活躍を期待しています。


バズフィード・ジャパン ニュース記者

Satoru Ishidoに連絡する メールアドレス:Satoru.Ishido@buzzfeed.com.

Got a confidential tip? Submit it here.

Sponsored