back to top

異例すぎる”8票”が民進党に与えた衝撃 前原新代表の困難な船出

民進党の新代表が決まった。しかし、前原誠司さんは、当選直後から喜びよりも厳しい表情を浮かべざるを得なかったーー。

8票の衝撃

「無効票は8票」——。その声に会場がどよめいた。

これが2017年9月1日、民進党代表選のハイライトだ。その数字を突きつけられた、新代表の前原誠司さん(55歳)は、選出後の第一声でこう言わざるを得なかった。

「難しい船出だ」

「8票」は国会議員の無効票である。それが意味するのはこういうことだ。

無効票がこれだけでるのは極めて異例のこと。

民主党政権時代に外務大臣などを務めた前原さんに、官房長官などを務めた枝野幸男さん(54歳)に、事実上NOを突きつけた「離党予備軍」が国会議員に8人いる……。

国会議員から離党者が相次ぐなか、さらに危機は広がるというわけだ。

野党第1党でありながら、世間的な関心が高まらなかった選挙だが、実は得られた収穫は決して少なくはない。

両候補の論戦を通じて、浮かび上がったのは「民進党」という政党のアイデンティティーだ。

彼らは保守派の前原、リベラル派の枝野と色分けされていたが、実際は論戦を通じて共通点を作り上げていた。

大きく3点にまとめることができる。

第一に目指すべき社会像である。これは選挙後に両者ともBuzzFeed Newsの取材に対し、ほとんど同じように答えた。

「自己責任型の社会ではなく支え合う社会を目指すことにおいて、私たちは一致していた」

前原さんが最後の演説で多くの時間を割き、「親から子への格差が受け継がれていく社会を変えたい」と語ったことが重要なポイントになっている。

中学2年で父を自死でなくした自死遺族である前原さんは、格差が受け継がれていくことへの危機感を体感的にわかっている。

不平等な社会ではいけない、という点において彼らに差はない。

第二に社会の多様性の尊重である。例えば同性婚を認めていこうという動き、社会的な少数者への目配り、あるいは障害者政策を充実させていくことだ。

仲間割れを防げるのか?

第三にどんな形であれ、この政党を基軸に政権交代を目指し、もう仲間割れを起こさないという強い意志があること。

「団結」という言葉を両者ともに強調した。

枝野さんは事前の会見などでも「小選挙区制で政権を目指す政党なら、私と前原さんくらいの幅は当然ある」と言い切り、代表選で敗れても「前原さんを支える」と明言した。

前原さんは「目指す社会」に向けた方法の違いーー枝野さんは反緊縮財政を明確にし、消費税増税も反対、アベノミクスの金融緩和も変えないと宣言したーーがあっても、「枝野さんには、党の運営にも関わっていただきたい。これがノーサイド、挙党一致体制になる」と語った。

対立的に描かれる両者であっても、議論を通じて共通点が明確になった意義は大きい、はずだったのだが……。

異例の”8票”はどこに向かうのか?

この無効票の多さは前原さんにも衝撃だったのだろう。

代表選出後、初の記者会見で「難しい船出」発言の真意を問われ、「厳しい党運営になると思ったのは、無効票の多さだ」と答えた。

かつて、前原さんは旧民主党から続く、この政党の“悪癖”を自身でこう語っていた。

「党内がバラバラで、ケンカして分裂する。離党者も相次ぎました。国民はなんだこいつら、と思ったでしょう。与党としてのガバナンスがないまま、人の好き嫌いで政治をしていた。自民党も幅広い考えを持った人が集まっていますが、相手を倒すまで殴らずにまとめる大人の知恵がある。私たちはなかったんです」

”大人の知恵”を自覚的に取り入れようとしているからこそ、前原さんはまず枝野さんへのノーサイドを明確にした。

「代表は独裁ではない」を繰り返したこともそのあらわれだ。

しかし、足元ではすでに崩れる予兆がある。

8票——という数字は民進党に入った亀裂になってしまうのか。それとも前原さんは、この8票をもまとめあげる挙党一致を作れるのか。

安倍内閣の支持率が低迷しても、自民党の国会議員は公然と「(安倍政権が倒れても)次も自民党内で“政権交代”だ」と嘯き、「民進党が弱いから選挙には勝てるだろう」と語る。

10月には衆院選の補欠選挙があり、代表として初めての国政選挙も迫っている。人事も含め、存在感を示すことができるのか。

その手腕は早々に試されている。

バズフィード・ジャパン ニュース記者

Satoru Ishidoに連絡する メールアドレス:Satoru.Ishido@buzzfeed.com.

Got a confidential tip? Submit it here.