眩しすぎる笑顔弾けるレスリング男子 若手が世界選手権で金メダル連発の快挙

    写真で振り返る2人の快挙。

    フランスで開かれている、レスリング世界選手権の男子フリースタイル57キロ級で、高橋侑希選手(23歳)が金メダルを獲得した。

    日本選手が世界選手権の男子フリースタイルで金メダルを獲得したのは1981年以来36年ぶりの快挙だ。

    この大会では、グレコローマンスタイル59キロ級の文田健一郎選手(21歳)も、グレコで1983年以来、日本の男子選手として世界選手権で34年ぶりの金メダルを獲得するなど、若手の活躍が続いている。

    2人の奮闘を写真で振り返る。

    優勝を決めた高橋

    AFP=時事

    男子フリースタイル57キロ級で優勝した高橋侑希

    決勝「攻めるレスリング」を貫いた高橋

    AFE=時事€“

    男子フリースタイル57キロ級決勝で、ギルマン(左)を攻める高橋侑希(フランス・パリ)

    時事通信によると、高橋選手は三重県出身の23歳。

    三重のいなべ総合高で2009年から高校総体3連覇し、山梨学院大に進学したレスリング界のホープだ。

    世界レスリングで初優勝の文田、満面の笑顔

    AFP=時事€“

    初優勝を決めた文田選手

    文田選手も今大会で快挙を達成した若手だ。

    時事通信によると、山梨県出身の21歳、日体大の現役学生だ。山梨・韮崎工高から日体大に進学し、2015年に全日本学生選手権で優勝している。

    準決勝進出を決めたときの1枚

    AFP=時事

    男子グレコローマンスタイル59キロ級で準決勝進出を決めた文田健一郎

    そして、決勝。アイナグロフを攻める文田

    AFP=時事

    男子グレコローマンスタイル59キロ級決勝でアイナグロフ(左)を攻める文田健一郎

    金メダルを片手に、笑顔をみせる

    AFP=時事

    2人ともまだまだ若く、東京オリンピックでの活躍も期待できそうだ。