「はっぴいえんどは、僕の教師であり反面教師」「桑田佳祐と僕は、同じ列車に乗って同じ景色を見てきた」

Satoru Ishido • 6 months ago

ロック界のパイオニア、佐野元春が語った苦悩、挑戦、そして人生哲学

Satoru Ishido • 6 months ago

被災者がみた夢を集めた書籍が出版された。彼らの語りはなにを意味するのか?気鋭の社会学者、ゼミ生が挑んだ。

Satoru Ishido • 7 months ago

「私たちは自分たちの力で未来を作ることができます。私たちはもう被災者という言葉を使いたくありません。今の私たちは、もう一人で前を向ける人たちなのです」

Satoru Ishido • 7 months ago

街全体が壊滅的被害にあった宮城県名取市閖上地区。沿岸部にありながら、誰一人として死者を出さなかった保育所がある。閖上の奇跡、と呼ばれ「美談」の主役になった所長は7年間、人知れず苦しみを抱えていた。今、初めて明かされる苦悩の日々 と再出発。

Satoru Ishido • 7 months ago

福島の現実を伝えようと奮闘した地元テレビマンがいた。彼はメディアの世界から、福島県飯舘村職員に転じた。一体、なぜ?葛藤の果てに、彼が見つけた現場に寄り添うということ……

Satoru Ishido • 7 months ago

「年老いた両親がたった2人亡くなった『普通のおばさん』は、被災者ではないのか」。震災後、強い孤独感とともに生きた女性に届いた言葉、ゆっくりと立ち上がるまでに必要だった時間 −−。

Satoru Ishido • 7 months ago

みんなが大好きな「理想のおじさん」がいた。メンターとしての「おじさん」に注目が集まる時代に読み返して気がつく、伊丹十三のおもしろさを探る。

Satoru Ishido • 7 months ago

橋田壽賀子さんの一論考で、日本でも安楽死を巡る議論が活発になっている。見落とされている問題はないのか? 欧米で取材を重ねたジャーナリストに聞いた。

Satoru Ishido • 7 months ago

著名人の薬物報道に決定的に欠けている治療という視点。このままでいいのかを問いかける声があがっている。

Satoru Ishido • 8 months ago

「ディストピア」をリアルに描く小説で高い評価を確立している小説家・星野智幸さん。そんな星野さんが最新小説 でなぜ希望を描いたのか?

Satoru Ishido • 8 months ago

「何があっても平気さ、全部乗り越えてきたんだって気分なんですよ」

Ryosuke Kamba • 8 months ago

共同通信ロンドン支局取材班『ノーベル賞の舞台裏』(ちくま新書)レビュー。

Satoru Ishido • 9 months ago

手を差し伸べた老舗業者は「業界の信用問題」と憤った。

Satoru Ishido • 9 months ago

「成人の日」。新聞社説はこぞって若者に向けた「熱い」メッセージを掲載してきた。さて今年は……

Satoru Ishido • 9 months ago

海外からも注目される靴下ブランド「Ayamé」。日本製の高い技術、独創的なデザインでビジネスを展開する。気鋭のデザイナーが語るクリエイションとビジネス論。

Satoru Ishido • 9 months ago

全国展開するスープのファストフードチェーン「Soup Stock Tokyo」、ネクタイブランドの「giraffe」……。大企業の一社員から転身し、個性的なビジネスを展開するスマイルズ・遠山正道さん。初めて明かす「新しいビジネス」を語る。

Satoru Ishido • 9 months ago

「ほんと口惜しくて。こういう状況に追い込まれたのに何もできない無力な自分が情けなくて、涙を流してしまいました」

Satoru Ishido • 9 months ago

カラテカ・矢部太郎さんが実際に起きたことをベースに描く『大家さんと僕』。矢部さんは大家さんへの思いを「マンガでしか伝えられなかった」と語る。

Satoru Ishido • 9 months ago

風評被害研究の第一人者、東京大・関谷直也さんが実証研究を元に示した、シンプルな解。「まずハイレベルの検査体制、基準値超え0という事実が伝わることが大切」

Satoru Ishido • 10 months ago